クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

世界ふしぎ発見!
トンガ・クック諸島
海を渡った最強の男達
2020年2月22日 よる9時から放送
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/

インスタの活用方法がやっとわかってきた、スマホ歴9カ月の管理人です。
ついでに、アフィリエイトも貼り付けておきます。
まさかこのブログ記事を見て買おうと思う人はいないと思うけど、ほんまに、こんな色です。
クック諸島の海の色を家庭で再現! バスクリンクール。

バスクリンクール 元気はじけるレモン&ライムの香り(600g)【バスクリン】[入浴剤]
バスクリンクール 元気はじけるレモン&ライムの香り(600g)【バスクリン】[入浴剤]
バスクリンクール 風吹く青い花畑の香り(600g)【バスクリン】[入浴剤]
バスクリンクール 風吹く青い花畑の香り(600g)【バスクリン】[入浴剤]【医薬部外品】【zr※】 バスクリン クール 気分おだやか そよ風吹く高原の香り (600g)
【医薬部外品】【zr※】 バスクリン クール 気分おだやか そよ風吹く高原の香り (600g)

新年初アップの記事が、こんなになって、たいへん残念なのですが、重要なのでシェアします。
以下は、在クック日本国大使館からのメールです。ニウエもそのままコピペします。
(実際は、在ニュージーランド日本国大使館です。クック諸島内に日本国大使館はありません。)

【クック諸島】
 1月31日(現地時間),クック諸島政府は,新型コロナウイルスへの対応措置として,中国からの外国人渡航者に対するクック諸島への入国を拒否する暫定措置を発表しました。この措置は、クック諸島到着前14日以内に中国に滞在していた渡航者に対して適用されます。
 なお,クック諸島政府は,クック諸島人及び居住者に対し,中国への不要な渡航を避けること(avoid non-essential travel to China)を勧告しています。

【ニウエ】
 2月3日(現地時間),ニウエ政府は,新型コロナウイルスへの対応措置として,ニウエ到着前30日以内に中国への滞在歴又は渡航歴のある渡航者は,14日以上,新型コロナウイルスの発生していない国に滞在し,同ウイルスに感染していないという公的な証明書(ニウエ到着前3日以内のもの)を所持しなければ,ニウエ入国を拒否されるとする措置を発表しました。
 なお,ニウエ政府は,ニウエ居住者に対し,中国への渡航及び通過を避けるよう強く勧告(are strongly advised against travel to, or transiting through China)している他,感染者発生国への渡航を延期するよう勧告しています。


クック諸島厚生省のホームページ
https://www.health.gov.ck/

アウトリガーカヌー祭典 Vaka Eivaが、いよいよ今年も始まりました。
Vaka Eivaは、クック諸島ラロトンガで、2004年より毎年、11月最終週に開催され、国内クラブチームはもちろん、南太平洋の国々を筆頭に、外国のクラブチームも参加する、国際的レースイベントです。
VAKAEIVA2019

毎年のイベントなので、結構な頻度でブログでも取り上げてきましたが、ブログ移行により、カテゴリーがよくわからなくなっており、2件しか探せませんでした。。。
http://cookislands.livedoor.blog/archives/1615253.html
http://cookislands.livedoor.blog/archives/1615103.html

太古から、アウトリガーカヌーで太平洋の島々を航海してきたポリネシアの人々にとって、アウトリガーカヌーは、文化とアイデンティティの象徴のひとつ。クック諸島マオリ語で、Vaka と言います。
ディズニー映画、モアナと伝説の海、で、モアナが作った船、そして終盤でたくさん登場するモアナの村の船、それら2艘構造の船です。
クック諸島にも、航海用Vaka, Marumaru Atua が、現役で航海に使われています。
これらのVakaは、航海が目的なので、帆船となっていますが、競技用Vakaには帆は無く、全て手漕ぎです。
Marumaru Atuaと、6人乗りVaka V6 の素晴らしいコラボ映像

Vaka Eiva 2019 レース初日は、ラロトンガ名物???大荒れの海。6人乗りV6 12km
アウトリガーカヌーの特徴、そして、パドラー達の技術、波を操る・波に乗る、が、大いに活かされたレースでした。
初戦U19 - 19才以下の女子の部、勝者は、我が地元クラブの若手女子。なんと、14-16歳のチームです。
他国の経験者のチームの中で、堂々の一位受賞に、地元新聞のトップページを飾りました。
いい笑顔しています。海の上では勇敢でも、素顔はかわいい女子中高生です。
私も一緒にトレーニングしてきた子もいたので、感慨深いです。
NTV

実は、私も2017年から、地元のクラブで6人乗りV6でパドリングしています。
アラフィフにして、初めてのスポーツクラブ参加です。
まだまだレース参加には程遠いですが、細く長く、続けていきたいスポーツです。


↑このページのトップヘ