クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

次回の放送は11月2日(土)深夜0時〜 世界さまぁ~リゾート クック諸島・アイツタキ島SP
https://www.tbs.co.jp/sekaisummer/trailer/

早速ですが、アイツタキ旅行記のつづきです。

ラグーンの美しさは世界一、と、誉れ高いクック諸島アイツタキラグーンを堪能するには、ラグーンクルーズに参加するのが必須です。
数社催行しており、内容は少しずつ違うので、自分好みのクルーズを選択してください。
クルーズのレビューは次回においといて、今回は、アイツタキ本島です。

アイツタキ初日以外、毎日朝食に通ったのがここ。
https://www.aitutakivillage.com/blue-lagoon-restaurant-and-bar.html
アイツタキビレッジと言う宿泊施設のレストランなんですが、宿泊ゲストでなくても利用できます。
毎日オープン、朝食、ランチ、ディナー、と、一日中開いてます。
ここの #エッグベネディクト が絶品すぎて、毎日通うことになりました。
(写真はinstagramに載せています。)

お料理ももちろんおいしいのですが、特筆すべきは、アイツタキ島一の、ラグーンビューのビーチに位置していること。
アイツタキは、Google Earthで確認していただくとよくわかるのですが、三角形のラグーンの外側を囲むようにして陸があります。文章で説明してもわかりづらいので、画像を借りました。水色の部分がラグーンです。aitutakikuusatsu

アイツタキと言えば、ラグーン。
クルーズ以外で、また、本島から美しいラグーンビューを見ることができて、なおかつビーチも美しいのが、ここ、オオツビーチ(大津じゃないよ #ootu )。

ビーチに、お立ち台を発見。
blog2
毎週火曜日に開催される、民族舞踊ダンスディナーショーの、アイランドナイトの、ソロダンスとファイアーダンスに使われるステージだそうです。海の上のステージって、粋ですねえ。

これ見たら、やっぱり。。。飛び込みますよね。20回位、ひたすらやりました。
blog1

SUP、カヤックレンタルもあります。ナイトSUPツアーもやってるそうです。
blog5
 
なんやかんやで、一日中遊べます。

つづく

インスタもよろしく
https://www.instagram.com/rarotongakana/

クック諸島の旅行手配、相談は、現地旅行会社のカナトラベルへ

キャプテンが寝坊したのか? フライトは遅延のため、アイツタキに到着したのは7時頃。
34席のSaab340で、約45分の快適なフライト。フライトアテンダントによるコーヒーのサービスもあります。
アイツタキが近づくと、美しいラグーンが窓から見えてきて、上空から見るアイツタキブルーに、思わずテンションが上がります。写真も撮りましたが、まだ薄暗かったので、ここではあえてアップしません。
他の人の撮った、きれいな画像をググってください。(笑)

右側と左側と、どちらがよく見えますか? という質問を時々受けますが、着陸する前に旋回するので、どちら側に座っても、ラグーンは見えます。また、風向きによって旋回の方向が変わることもあるので、回答できません。
エアーラロトンガ航空のWebsiteでは、後部座席、席順8-11がおすすめ、とのことです。
https://www.airraro.com/en/help/seat-selection

アイツタキ到着が朝早すぎて、ホテルのチェックインができないので、まずは、腹ごしらえ。
7amからオープンしているKORU CAFEに向かいます。
http://korucafe.biz/home.php
エッグベネディクト、フライドポテト、カフェラテ、ミルクシェイクを注文し、まずは腹ごしらえ。
評判通り、おいしい朝食でした。

アイツタキ旅行初日の今日は、アイツタキサファリ・カルチャーツアーを予約。
https://www.facebook.com/Punarei/
送迎時間の9時まで周辺を散策し、ホテルに戻ります。
チェックイン時間は1400とのことで、もちろん部屋の清掃はまだです。

黄色の4WDトラックの荷台に座って、文化村ドライバーガイドさんのクック諸島の歴史や文化、アイツタキの慣習等を聞きながらのアイツタキ島内観光。
ハイライトは、クック諸島伝統郷土料理ウムカイランチ。

ウムカイの詳細については、以前の記事を参照ください。
http://cookislands.livedoor.blog/archives/cat_34238.html

ここのウムカイは、下味を全くつけず、火山岩の上に、ほぼ直置き。
食材をバナナの葉でくるむのがスタンダードと思っていたので、驚きでした。
ガイドと一緒にツアー参加者がウムカイの準備をして、蒸し焼きをしている間の2時間ほどの間、アイツタキの植物や歴史文化等を学び、島内観光ドライブをします。

マラエに行ったり (マラエとは?https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%A8
IMG_20191011_105516

トトロが出てきそうな見事なバンヤンツリ-のトンネルに行ったり
IMG_20191011_112618
写真では、あんまり凄さが伝わらないなあ。。。 


IMG_20191011_093515IMG_20191011_094800
IMG_20191011_115044
全くの味付けなしなのに、食材の味だけでおいしい。チキン、かぼちゃ、バナナ、と超シンプル。
他に、デザートのフルーツとして、パパイヤとマンゴーがありました。
器は、ヤシの葉で、ガイドの指示に従って自分で作り、手で食べる。
洗い物も、プラスチックごみも出ない、超エコなランチ。

いっぱい学ぶことができて、食事もおいしく、いい一日のスタートを迎えることができました。

つづく


インスタもよろしく
https://www.instagram.com/rarotongakana

クック諸島の旅行手配、相談は、現地旅行会社のカナトラベルへ

20191013_093931

南アフリカは強かった。。。でも、日本はここまでよくやった!
昨夜の興奮冷めやらぬうちに、最後の楽園、アイツタキ 旅行記1日目です。

クック諸島では、テレビ局は2局Cook Islands TVとVaka TVの2チャンネルあり、Cook Islands TVが、ラグビーワールドカップ全試合をライブ放映しています。
無料でラグビーワールドカップの全試合をライブで観ることがことができる国は、全世界でも珍しいのではないでしょうか。
 
ラグビーワールドカップの真っただ中、地上最後の楽園と誉れ高い、クック諸島アイツタキへ、5日間の旅行に行ってきました。
インターネットとは無縁の5日間でしたが、ブレイブブロッサムがスコットランドをボコった歴史的瞬間は、Cook Islands TVのライブ放送でしっかり見届けることができました。

前にアイツタキへ行ったのは2015年、さまぁ~リゾートの取材のコーディネーターとして。
ラグビーワールドカップで、日本が南アフリカを破り、日本でのラグビー熱がにわかに盛り上がっていた時でした。当時の取材陣は、2011年の日本代表、ライアン・ニコラス選手の実家(実父はラロトンガで歯医者)を訪問しよう!という企画もあったのですが、放映日にはラグビー熱も冷めているだろうということで、結局、断念しました。
今年の日本代表には、クック諸島出身の選手はいなかったですね。

この時は、取材の都合上、アイツタキラグーンリゾートに3泊しましたが、今回は、5歳の子連れ旅行なので、アコモデーションの選択肢がほとんどなかったのが実情です。
今回泊まったホテル おすすめかどうかは。。。後日の旅行記で
https://www.kuruclub.co.ck/


エアーラロトンガで、ラロトンガからアイツタキへ

AIR RAROTONGA航空で、ラロトンガ-アイツタキの正規航空券片道料金は、$283、$263、$243。
往復となるとひとり$500超えるので、ラロトンガ在住と言えども、なかなか頻繁に行くことはできません。でも時々、SEAT ONLYという、格安航空券が発売されます。$129で、手荷物7㎏だけで、預け荷物は不可です。手荷物も、機内の座席の下、または、頭上のコンパートメントに収まるサイズ、ということで、いわゆる国際線規格サイズよりもかなり小さくする必要があります。
今回は、運よく行きに$129の航空券が取れました。ラロトンガ530am発アイツタキ620am着です。
アイツタキ行き航空券は、オンラインで予約できます。
https://www.airraro.com/en

国内線なので、空港チェックインは出発30分前位が妥当ですが、10分前でもたぶん搭乗できます。
そのへんは割とゆるいです。。。

結局、出発が遅れて、アイツタキに到着したのは、7時過ぎでした。

つづく

インスタもよろしく
https://www.instagram.com/rarotongakana

クック諸島の旅行手配、相談は、現地旅行会社のカナトラベルへ
info@kanatravel.sakura.ne.jp

続きを読む

↑このページのトップヘ