久々にサタデーマーケットに買い物に行った。
ローカル野菜が目当てだったんだけど、野菜はほとんど売ってなかった。
昨日、コメントで、突然島から野菜が無くなることもある、と書いた矢先のことだ。
現在、果物は豊富なのに、野菜はあまり無いようだ。

本日のお買い物
茹でタロ芋
ルカウ - タロ芋の若葉のココナッツミルク煮
ポークロール

ポークロールは、私のお気に入りで、マーケットに行く度に買う。
ローカルローストポークがぎっしりバゲットに詰まっているダイナミックなサンドイッチ。
日本の豚肉より、豚豚したしっかりとした味。匂いに敏感な人は苦手かも。
でも、この味こそが、自然の豚の味。
放し飼いの豚の一家が、ゴルフ場を散歩している。
脱走した隣の豚が、うちの犬の餌をあさりに来る。

移住直後しばらくは、私はタロ芋が好きではなかった。
大味で、粘りのある独特の食感。味付けも何も、主食なので、塩茹でするだけ。
私がタロ芋を好きになったきっかけは、私の体調の悪い時に夫が作ってくれた手料理のおかげである。
タロ芋の、玉葱ココナッツミルク煮。夫曰く、【おふくろの味】なのだとか。
愛情たっぷりのタロ芋玉葱ココナッツミルク煮以来、タロ芋が好きになった。

ルカウ タロ芋の若葉 は、島の大切なビタミン供給源。
野菜が無くなることはよくあっても、ルカウが無くなることは滅多にないからね。
私は調理されたものしか買ったことはないが、若葉とはいえ、しっかりとした葉っぱを海苔の佃煮状になるまで調理するのは、結構大仕事らしい。
実は、ルカウも最初苦手だった。なんたって、見た目が食べ物ではないし。ただの食わず嫌いだっただけ。