日本にいると、捕鯨問題はほとんどクローズアップされないが、国際社会では、大問題である。
日本に住んでいるときは、全く考えたことなかったが、海外では、日本人というだけで、

日本人ってクジラ食べるんでしょ?
捕鯨に賛成なの?

てな話題が繰り広げられたりする。
そんな話を出す人は、皆、反捕鯨で、反捕鯨の知識をひけらかされる。
日本の捕鯨がいかに残虐で国際法を無視した行為で、重大な罪である、かのように。
私は、反捕鯨派の知識は、かなり偏っているように感じるのだが、私自身、日本の捕鯨問題をよく知らないので、意見を言うことは控えてきた。
私は反捕鯨派であるが、しかしながら、日本のことを悪く言われるのは不愉快である。

最近、クジラ博士とゆっくり話す機会があったので、改めて考えてみた。

クジラ博士の問い

日本が調査捕鯨で絶滅危種といわれているクジラを捕獲し続けることに対して、日本人はどう思っているのか?

私の答え

何とも思ってない。 どうでもよい問題。

クジラ博士はショックを受けていたが、これが現実だと思う。
日本国内では、捕鯨のニュースが取り沙汰されることは滅多にないし、そもそも、日本が調査捕鯨で年間数100匹ものクジラを殺していることを知っている人はあまりいないだろう。
私自身、年間数百匹という数が、多いか少ないか、さっぱり見当つかない。
残念ながら、クジラのことを考えるほど、日本人は暇じゃないんですよ、クジラ博士。
ということで、結論を出した。もちろんクジラ博士は納得していなかったが。。。

捕鯨、本当に止めればいいのにね。ま、止められないんだろうけどね。。。