イメージ 1

先日、エッジウォーターリゾートのビーチ及びラグーンが、ラウイとなりました。
ラウイとは、生物保護のため一定期間禁漁となったラグーン、いわば、海洋保護区のことです。
ラウイ内では、釣りはもちろん、原則として貝殻でさえ持ち帰ってはいけません。

リゾートのセキュリティがいつもより多く正装で出勤していたので、何事かと思ったら、ラウイの儀式、とのことでした。
国の偉い人や地主が招待され、数人のスタッフは、伝統的な衣装を身に着け、(といっても半分裸なんですが。まあ、それが儀式での正装なんですが。)儀式の開始はホラ貝で、クック伝統ドラム演奏の中、海に祈りを捧げ、無事にラウイの儀式が行われました。

ラウイは、原則2年で、2年毎にラウイ区間が変わります。
ラグーン内の生物が回復し、2年後また私たちがシーフードを採取できるように、という自主規制です。
ラグーン内で釣りをする場合は、このラウイに気をつけてください。
キャッチアンドリリースでも、ラウイでは罰金を取られます。