我が家はADSLワイヤレスモデム設置で、自宅で2台のコンピュータをフル活動させてます。
月129ドルで、3000MB/月、というプラン。通信速度は54Mbps。
使い放題数千円の日本と比べると、ものすごく高いです。
しかも、サービスが安定しているわけではなく、しょっちゅうインタネットが使えなくなります。
インターネットだけでなく、携帯電話も1・2日つながらないなんてザラ。
はっきりいって、かなりビジネスに支障をきたします。

クック諸島の通信サービスはテレコム1社のみ。競争がないせいか、料金は高くサービスは低い。
しかしながら、こんなに辺鄙なところに住んでいると、どんなに節約して生活を切り詰めようとも、通信費だけは削れません。

まる3日間、インターネットが使えない状態になりました。
テレコムに電話しても解決せず、というか、ワイヤレスモデムの故障じゃないの?、と言われて、モデムを買った業者に持ち込んでテストしてもらったら、モデムは正常故障ではないと言われ、自宅まで来てもらってチェックしたのに結局解決せず。わかったのは、モデムは故障して無いってこと。
とすると、やっぱりテレコムか!?

こういうことは過去に何度もあったので、怒りよりも半ばあきらめ半分で、3日目にテレコムカスタマーサービスに電話。
一連を説明すると、誤りの言葉もなしに、ああ、電話回線の問題。今日中に解決するから、と言われておしまい。

おまえが、モデムの故障だと言ったんだろ!!! とツッコミたくなりましたが、いつものこと。
都合の悪いことは隠す。もしくは、1件の苦情では調べることすらしない。

それにしても。通信なし生活2日目が一番つらかったです。やきもきして。
普段どれだけインターネットに依存しているかよーくわかりました。
3日目ともなれば、ふっきれるのか、通信なし生活も慣れて、夫とチェスしたり本読んだり。

やっと通信できる状態になりましたが、日本もニュージーランドも今日は土曜日。
急を要する用事はないようです。ちょっと残念~。