イメージ 1

イメージ 2

昆虫がどうしても苦手な人には、南国生活は向きません。
ラロトンガには、海外からの契約社員がよく来るのですが、昆虫が原因で、1週間経たないうちに契約破棄、となった人の話もちらほら聞きます。

家の周りがジャングルみたいなもんだし、家にいる間は窓を開けっぱなしにしているし、昆虫が家に入ってくるわけです。

蝿・蚊はもちろん、食べこぼしに蟻が行列してたり、ゴキブリが犬の餌を食べてたり、前日掃除した場所に蜘蛛の巣がはっていたり、庭に蜂の巣があったり、、、このくらいは日常茶飯事。

先日、アシナガバチが家を出たり入ったりしている・・・と思ったら、台所に巣を発見!
早速駆除しましたよ。まだ幼虫がいなくて良かったわ。

布団の中にムカデがいたり。。。幸い、私は刺されたことがないたけど、ベッドでムカデに刺される人は多いです。
特に冬場、ムカデが暖を求めて布団の中に入り込むのだとか。

バルコニーで、夜、友達をビールを飲んでいたら、どっかからゴキブリが飛んできて、顔にとまったり、とか。

でも、こういうことは日々慣れていきます。慣れなければ、生活できません。

ムカデの洗礼だけはまだ受けて無いので、ラッキーかもしれませんが。相当痛むみたいですね。
スズメバチ・アシナガバチには何度もやられました。



さて。

写真はナナフシ。無害なナナフシくん。赤い羽根があるナナフシは初めて見ました。
赤というより、フクシアピンク。美しい。。。こんな小さな羽根で飛べるとは思わないので、威嚇用でしょうか。

大阪ではめったに見なかったけど、ナナフシは、ラロトンガでしょっちゅう見かける人畜無害なかわいい奴です。


追記。 ムカデといえば。 前にも書いたことあったかな?

ダイブインストラクターしてたころ、ダイブブーツにムカデが潜んでいたのを知らずに履いて、そのまま海に入ったことがあります。
履いた瞬間は何にも感じなかったのですが、海に入ったとたん、何本もの足が自分の足の甲を這い回る感触がしました。その感触は初体験でしたが、ムカデとはっきりわかりましたね。
これはもうだめだ、刺される!しかも1回では済まないかも!と思いましたが、急な海水の浸水にムカデも驚いたのか、私のブーツ内で溺れていたのか、全く刺されなかったのです。
とりあえず、陸に上がってブーツを脱いだら、20cm程の大ムカデ! 
刺されなかった私は、本当にラッキー。
ムカデって、海水に浮くんですね。必死で泳いで岸に辿り着こうとしてましたよ。辿り着いたかどうかは?ですが。
それ以来、靴を履くときは、必ずムカデがいないことを確認しています。