イメージ 1

日本人は世界でもトップクラスの珍味好きの国なので、他国に行って珍味を出されても、あまり驚かないのですが、クック諸島にも珍味が結構あります。

今回紹介するのは、日本でもお馴染み珍味、ナマコです。
なまこの記事は、ずいぶん前に書いたのですが、どうやらブログ開始以前だったようで、今は休刊措置となってしまった、まぐまぐメールマガジン【カナダイブ】バックナンバーにあります。
http://archive.mag2.com/0000122842/index.html
この時のナマコ記事は、なまこの内臓を生で食べる、というものでしたが、今回は、ナマコの身です。
クック諸島では、なまこの身は食べないものだと思っていました。
移住12年目にして、初めてナマコの身を食べる機会がありました。
大家さんからの、おすそわけです。

見た目は、かなりグロイ。。。いや、酢ナマコの方が、見慣れてなければ、もっとグロイのかもしれませんが。。。輪切りのナマコと深緑色のドロッとした物体、食欲を減退させる見た目です。
上に載ってるのは、蒸した若いバナナです。バナナと一緒に食べるのは、ナマコの内臓と同じですね。
深緑色の謎の物体は、ルカウといって、タロイモの若葉です。ココナッツクリームで味付けされています。

たいがいのものは躊躇せずに食べられる私なんですが、なぜか、今回はひきました。
酢ナマコ大好きなのに!? 犬肉もヤギ肉もコウモリも、なんとか平静を装って食べたのに!?

勇気を振り絞って、試食!






まずっ!


というわけで、一口で終了。

いや、ナマコ自体の味は無いに等しいんですが、食感が、独特なのです。
ぶよぶよで、うーん、例えるなら、煮過ぎたちくわ? いや、ちがうな。。。ふぐ皮を超柔らかくした感じ?(すでにふぐ皮ではない。。。)なんやろー。
とにかく、私にとっては、この上なく不快な食感でした。

ビジターのみなさんは、まず食べる機会は無いでしょうけど、ゲテモノ好きの方、ローカルに聞いてみると、教えてくれるかもしれません。おすすめはしませんが。。。


クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck