イメージ 1

友人の旅行記がとてもわかりやすくて率直な意見なので、本人の許可を得て転載させていただきます。

旅行時期 2017年1月 ラロトンガ8泊 女性3人旅

以下、本人のFacebookからまるごと転載。
 

地球最後の楽園と呼ばれる、ニュージーランドの上の島、ラロトンガ(トンガ?と聞かれますが「ラロ」トンガです)に来ています。
15年前から友人が住んでおり、ど〜うしても来たかったのと、日本の冷えが苦手で「温かい所で落ち着いて仕事が出来たら…」と思い、タイミングがあったのはよいものの、実情は気温32度で滝のように汗が吹き出し、あっという間に手と顔が焼けて体がパンダ状態。
さらに虫除けと日焼け止めのダブル使いで肌が汗疹的にただれてしまい、暑さとカユさにてんてこまい。
が、しかし、本当に地球最後の楽園だな…と思う点が沢山あります。

【楽園ポイントその1】
1周約32キロの島には「●●村」というエリアはあるものの、住所はなく。現地の人がどうやって、お互いの家を把握しているのかサッパリ分かりませんが、郵便物は私書箱まで取りにいくとのこと。
速達が届いても、取りに行くのが遅かったら速達にもならず。自分が取りに行く時がその時、という意味では、相手に振り回される必要がなく、その時間の流れは、ある意味とっても貴重だなぁと。

【楽園ポイントその2】
Free Wi-Fiという概念がなく、Wi-Fiは従量課金制。その為、ダラダラとネットをチェックすることができず、むしろ「このページを見たら、コレを見て…」と事前に考えてからWi-Fiをポチリとつなぐので、操作に無駄がなく。携帯電話にかける料金もとても高いとのこと。
日本で「パケ放題」的サービスになれていると、「ついうっかり」が多く、それが積み重なって無駄になっている時間も大量なのだろうと。
それでも、制限があると人は集中できるものだ、というのは特に感じていて、この集中力は楽園ならではなのだろうと思います。

【楽園ポイントその3】写真のように、朝が本当に気持ちよく。朝3時間、夜3時間を確保しながら仕事をすると、とても集中できます(というか、その他の時間が仕事には向かない気温と湿度)。
つづく・・・。

(C) 2017 Ayumi Taguchi
https://www.facebook.com/Taguchi.Ayumi


彼女の他の記事は、こちらでぼちぼち紹介させていただき予定ですが、今すぐつづきが気になる方は、本人のfacebookで、全て公開されていますので、お気軽にどうぞ。


楽園に15年も住んでいると、島のライフスタイル、日々のことが日常化して、新たな発見がほとんどありません。こうやって、客観的に、良い点を具体的に上げてくださるのは、とてもありがたいです。

Ayumi Taguchiさん、、貴重な感想をシェアしてくださって、どうもありがとうございました。