クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

2016年05月

イメージ 1

5月14日放送のにじいろジーンで、ジーンちゃんがやしの木登り名人パパくんとランチデートした、HIDDEN SPIRIT CAFE。

このカフェは、MAIRE NUI GARDENという植物園の中にあり、トロピカルな花々や木々に囲まれた中で、ヘルシーなランチが食べられる、おすすめのカフェです。

ジーンちゃんが注文したのは、スモークマーリンサラダ。

季節のオーガニック野菜にオリジナルドレッシング。ドレッシングを含む、材料のほとんどが植物園内で栽培されていて、とてもフレッシュ。

そして、ラロトンガ沖で獲れたマーリン(カジキの一種)の燻製。こちらも新鮮で、マーリンの塩気とサラダのバランスが絶妙です。

クック諸島というと、やはりビーチが注目されがちですが、ガーデンの雰囲気も最高ですよ。

探してみましたが、WEBサイトは無いみたいです。さすがジーンちゃん、超穴場を見つけましたね!

イメージ 1

にじいろジーンはいかがでしたか。

私も一瞬映ってました!気がついた人はいないと思いますが。

撮影は4日間でしたが、実は、2日間が大雨。とはいえ、晴れを待って滞在を伸ばすわけもいかないので、なんとか撮影続行し、どんな感じに仕上がるのか心配でしたが、まあまあきれいでしたね。

撮影ロケーションの詳細は、こちら。

6人乗りアウトリガー競技カヌーの練習中の少年たち。
貫禄ありますが、みんな中学生です。ラロトンガ島のダウンタウン、アヴァルア港での撮影でした。
真っ青な海と空をバックにアウトリガーカヌーは、ポリネシアらしいフォトジェニックな風景です。

アイツタキラグーンリゾート
クック諸島で唯一水上バンガローがあるリゾート。美しいアイツタキラグーンに浮かぶアキツア島全体がリゾートとなっています。
ここは、レストランの食事も、とてもおいしい、おすすめのリゾートです。

ラグーンクルーズ
アイツタキに来たら、必ず参加してほしいツアーが、ラグーンクルーズ。催行会社は5社くらいで、少しずつ内容が違います。どのツアーも、ワンフットアイランドには必ず立ち寄ります。
ジーンちゃんが参加したのは、キアオラナクルーズで、ひとり$125. 少人数で、7つの島を巡り、スノーケリングスポット2か所、マイナ島でランチをするのが特徴です。

行列のできる屋台
毎週土曜日午前中に開催されるローカルマーケットで、行列が絶え間ない人気店、クールケバブ。

マイレヌイガーデン、ヒドゥンスピリットカフェ
植物園の中にある、オーガニックサラダとデザートが特徴のカフェ。ヘルシー志向の人におすすめ。

ヤシの木登り名人パパ
パパには、ラロトンガの人気ツアー、コカラグーンクルーズで、の名物ガイドで、ダンサーでもあり、日本にもポリネシアンダンサーとして訪れたことがあるそうです。

島の長老パ氏
クック諸島一有名なツアーガイド。ジャングルトレッキング、ネイチャーウォークで、会えます。
ジーンちゃんと記念撮影。

イメージ 1

来週土曜日5月14日、にじいろジーンの「ジーンちゃんがキキコミ!世界ピカイチ☆ツアー」は、クック諸島からお届け!
地元の人しか知らないとっておきの情報をジーンちゃんがキキコミ調査しちゃいます!

http://www.ktv.jp/niji/

お楽しみに!

イメージ 1

クック諸島ラロトンガでは、毎週土曜日の朝にローカルマーケットが開催される。
生鮮食品から民工芸品、さまざまな食べ物の屋台がずらりと立ち並ぶ。

中でも、一番の人気は、フィッシュマーケットの焼きトビウオ。マロロツヌツヌ!
ラロトンガ沖で獲れた新鮮なトビウオをまるごと一匹BBQで塩焼き、フレッシュココナッツソースをたっぷりかけて、お好みでチリの実とライムで味をととのえ、豪快に素手でいただく。
食べ放題のマニオタ(茹でたキャサバ。イモ類)つきで、$7.

日本での番組取材コーディネートのたびに、マーケットの人気商品として取材する予定だったのが、毎回売り切れのため、取材できず。。。まさに、知る人ぞ知る、幻の一品。

売り切れ必至のトビウオ塩焼き。興味ある方は、土曜日、早起きしてトライしてみてください。朝8時までに行くことをおすすめします。



でも、そんなに早起きしなくても、実は、トビウオの塩焼きが食べられるところはあります。
平日、水-金と、日曜日の午前中、閑散とした土曜マーケットエリアに、マロロツヌツヌの屋台が出ます。
内容は、土曜日のフィッシュマーケットのものと同じ。土曜日とは違う漁師さんがやってます。
売り切れたら閉店。日によっては12時位まで開いてることもあります。
トビウオが獲れなかった日は、当然ですが、屋台はでません。

↑このページのトップヘ