クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

カテゴリ: ダイビング

イメージ 1

私は2002年から2005年まで、ダイブセンターでダイブマスター及びダイブインストラクターとして働いたが、実はダイビング中に水中でクジラを見たことは無い。2004年からダイブセンターで同僚で、今ではダイブサービスを経営するしているパトリックも、今までラロトンガでの5年間ダイビング生活で、ダイビング中に水中でクジラを見たことが無い。
ボートから、陸上から、どんなに頻繁にクジラを見ようとも、スクーバダイビング中に水中でクジラを見ると言うのは、それ位、貴重な体験なのである。

そして、奇跡にも近い経験が、昨日起こった。
イセエビ漁のために、とあるポイントへ。ドロップオフ水深45mのところにイセエビの巣がある。
お客さんを乗せない、完全なレジャーダイブ。いや、漁である。
アンカーを下ろし、ドロップオフへ向かう。クジラの声が聞こえる。
この時期、ラロトンガでダイビングするとしょっちゅう聞こえるクジラの声。
声の大きさだけでは方向性も距離もわからない。
ドロップオフの前方、何やら視界が暗い。
そのまま進んでいくと、その暗い視界の正体が見えてきた。

そこには、信じられない光景が!

ザトウクジラ2匹! そう、母子クジラが水中を泳いでいる!ダイブしている! 
この目の前の巨大な生物、光景は、本物ですか? 夢ではないのですか?

小躍りするパトリック。興奮して息が速くなる夫。
ザトウクジラとの距離、約20m。

2010年8月21日、遂に、クジラとの水中ランデブー達成。
スクーバダイビングを続けていて、本当に良かった。ありがとう。













くやしい。何で私はそんな日に会社で仕事してるんだよ!悔やんでも悔やみきれない。。。上司を恨むか。自分の不運を恨むか。。。あーあ。

イメージ 1

ラロトンガ4年近くダイブインストラクターをしてましたが、退社してから、ほっとんど潜ってません。
元勤務先は、オーナーが変わってしまいましたが、パンフレットには相変わらず、私の写真(プロフィールの写真)が使われています。

昨日、2年ぶりくらいに、スクーバダイブしてきました。
ダイブサービスは、私の現役時代の同僚・パトリックと、ローカルダイブマスター・ショーン率いる、REEF TO SEE - ADVENTURE COOKISLANDS。どっちもイケメンです。あ、写真が無い。。。

お天気もコンディションも良く、南のパッセージへ。
写真のポイントは、パプアパッセージ。象徴的な尖がった岩が真ん中に見えます。
これが、ニードルと呼ばれる、ラロトンガ島のちょうど真ん中にあるパワースポット。
島内からは見える場所が限られていますが、沖からだとはっきり見えます。

ダイビングは2本とも、大当たりでした。
ホワイトチップリーフシャークに囲まれて、海亀と至近距離で一緒に泳げたし、マダラトビエイも一瞬だったけど、頭上を横切ったのが見られたし。
サメは、コバンザメをくっつけた2mサイズだったので、中々の迫力でした。

あと巨大なサザナミフグと、名前を忘れてしまいましたが、クマドリフグ?カブキフグ? 
たぶん大きくなりすぎて、泳ぐのが面倒くさいのでしょうか、じっと砂地に座っているのです。
ナデナデしちゃいました。近寄っても動じる気配は無く、でも、さすがに触れられるのは嫌なようで、触ると泳いで逃げようとします。
でもその巨体に似合わない小さな鰭なので、スローです。しかも、長時間泳げない。
バスケットボールよりもひとまわり大きいフグです。小型犬サイズです。

そうそう、巨大ウツボもいましたよ。スクーバタンクよりもぶっとい、こちらも肥満体。
ジャイアントモレイ、日本ではドクウツボと呼ばれる、醜い生き物。
私は、ウツボを見るだけで鳥肌が立つほどトラウマになっている恐怖体験があるので、興味なしでしたが、他のダイバーは興味津々。。。

ラロトンガのダイビング、まだまだイケてます。


パワースポットの過去の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/rarotongakana/44556360.html

ウツボ恐怖体験の記事は。。。てっきりあると思ったのに、無いですね。
過激すぎて書けなかったのか。。。そのうち書きます。

イメージ 1

久々にダイビングしました。ラロトンガでは、1年ぶりくらいです。
ビーチダイブで、目的はケーブ内に潜んでいるイセエビ。
タンクをかついで数百メートル歩き、エントリー、流れにのって外洋直前のケーブまで行き、イセエビ漁の後、流れに逆らってビーチに帰ってくる、というハードなダイビングです。

現役から1年以上経っているので、かなりの体力の衰えを感じました。
それに、ウエットスーツ。きつくてきつくて、血行が止まるかと思いました。。。。。

本当に疲れましたが、ダイビングは、イセエビのお土産を抜きにしても、素晴らしいものでした。
ウミガメ、サメ、エイ、等々、たくさん見られました。
やっぱり、流れがあるところの方が、魚が多いような気がします。
ダイブログは、メールマガジンの【カナダイブ】次号で、詳細にレポートします。
http://www.mag2.com/m/0000122842.html

合計4匹のイセエビが捕れました。
調理方法は、さっと茹でて、半分に割ってガーリックバターをたっぷり塗って、バーベキューでバターが溶けるまで焼く、というシンプルなもの。
イセエビの甘さがひきたって、絶品でした。頭のミソやらをすすって食べているのは、私とフレンチインストラクターパトリックのみでしたが。。。
ここが一番おいしいとこなのにねえ。

春にごり

という言葉があるようだ。春先に黒潮の関係で海中の浮遊物が増加し、透明度が悪くなることらしい。

今月は珍しく、毎週末ダイビングをしたが、ラロトンガのダイビングの良い点、スッコーンと抜けるような青さ・30m強の透明度、というのが無かった。
まあ、それでも30m先は見えるんだけど、なんとなく濁っている。浮遊物が多い。
この時期は、季節で言うと、夏から冬に変わる時期。天気も不安定だ。
日本で言ういわゆる【春にごり】のような現象が起こっているのかもしれない。

それでも、ナポレオンフィッシュやウミガメを見て、ダイビング的には楽しかったが、あの、スッコーンと抜ける青さ、が無くて残念。

ちょっと水温が下がって来たら、またファンダイブに行ってみるか。
フルタイムダイブインストラクターを辞めてから、脂肪もついたことだし。。。

久々にダイビングしました。

かつてはよく潜ったポイントも、2ヵ月潜ってないと、新鮮に見えます。
天気も海況もよく、これが仕事って、何て幸せなんだろう、と、旅行で来ている人は思うだろうな、と実感しました。
相変わらず透明度30m強で、ストレスフリーダイビング。
水底に影が見えたので、見上げると、ナポレオンフィッシュ。(ナポレオンマオリラス)
ダイバーにはおなじみの、巨大な魚です。
愛嬌のある表情をしていて、ダイバーから逃げるでもなく、近づくでもなく、それでもダイバーに興味があるのか、一定の距離を保って同じ方向に泳いでいました。
おかげでゆっくりウォッチングできました。

他に見た魚
ツムブリ○カスミアジ○イソモンガラ○ハナミノカサゴ○テングハギ○いろんなハギ○いろんなベラ○いろんなブダイ○いろんな熱帯魚(チョウチョウウオとかスズメダイとか。。。)

↑このページのトップヘ