クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

カテゴリ: 食べ物

イメージ 1

ラグーンで採れたタコをいただいたので、たこづくしディナーにしてみました。

何タコかはわかりませんが、けっこう大きなタコです。
内臓取り除くときに、墨袋を割ってしまい、こんな感じで真黒に。
ヌルヌルとるのにも一苦労しました。

たこづくし料理、作ったのは5コースです。

タコのカルパッチョ

タコとパパイヤの酢のもの

ココナッツミルクカレー

たこ飯

タコのガーリック炒め



あっ! たこ焼き作るの忘れてた。。。

クック諸島ラロトンガには、キッチン付の宿も多いので、ラグーンでタコを見つけたら、捕まえて、たこづくしなんていかがでしょう?



クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

クック諸島の現地情報【ココナッツブラ】
http://kanadive.net/

イメージ 1

https://travel.blogmura.com/beachresorttravel/img/beachresorttravel88_31.gif
[https://travel.blogmura.com/beachresorttravel/ ]
コテカ氏のワイン工房にまたまたおじゃましました。
http://blogs.yahoo.co.jp/rarotongakana/62516864.html

ここは、正真正銘のクック諸島産アルコール飲料が買える穴場です。
街の酒屋でも、免税店も買えない、超レアものです。

今日の試飲は、バナナワインと、チリリキュール。
どちらも、メインの原材料はバナナです。
チリリキュールは、ココナッツの風味もついていて、まろやかで甘くて、とっても口当たりよく、最後にチリのぴりっとしたスパイスが効く、という、おいしいお酒です。
コテカ氏曰く、【笑っちゃう酒】。その通りです。最後の ピリッ で、思わず笑ってしまいます。
チリリキュール NZ$35 です。

他にも、パイナップルリキュール、パッションフルーツリキュール、そして超高級なバニラリキュールが現在テスト中だそうです。最低18ヵ月ねかせるそうで、商品価値があるかどうかわかるのも、18ヶ月後。
なんて気の長い仕事なんでしょう。

長い試行錯誤の末に完成した、ユニークでおいしいお酒、【笑っちゃう酒】チリリキュール、お土産にいかがでしょうか。

クック諸島のお酒のキャンペーンガールズは、神奈川県在住、ダイビング旅行でクック諸島訪問中の3人娘です。

クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

イメージ 1

クック諸島ラロトンガの土曜朝市、プナンガヌイマーケットは、ローカルだけでなく、旅行者にも人気の週一イベントです。
http://blogs.yahoo.co.jp/rarotongakana/40475110.html
ダンスイベントなんかもあり、クック諸島滞在中、土曜日にあたるなら、必ず行って欲しい場所の一つです。

さて、毎週土曜日は、立ち食いそばならぬ、立ち食い焼魚、が、私の定番になっていますが、珍しいものをみつけたのでご報告です。
http://blogs.yahoo.co.jp/rarotongakana/59699989.html

日本ではさほど珍しいものでは無いですが、、、、生ウニです。

クック諸島では、ウニを3種類に分けて名前がついていますが、こちらは、アバケ、という種のウニです。
身だけになってるので、伝わりませんが、棘が長いやつ、ムラサキウニ系のウニかと。
直径12cm高さ4cmの容器にぎっしり詰まって、$15。(日本円で約980円)
ちなみに、3倍サイズは$30でした。

もちろん味は生うに。焼酎のあてに、ウニ丼に、ウニクリームスパに、うに尽くし、堪能しました。

マーケットでウニを買いたい人は、各店に出ている手書きの看板に注目してください。
KINA キナ
AVAKE アバケ
ETUKE エツケ
これらは、全てウニの呼び名です。
エツケが売ってるのを見たことはありませんが、一番おいしい種類らしいです。
そういえば、ウニ採りに出かけて食べ比べしてみたら、確かにおいしかったかも。

クック諸島でウニ丼、いかがですか?


クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

イメージ 1

クック諸島移住以来、初めての、鍋、を、しました。
常夏のクック諸島ですが、ラロトンガの冬、7-8月は、夜、結構涼しい日もあるのです。
2012年、今年の冬は、過去2-3年に比べると涼しく、日本人である私は、鍋が恋しくなり、
クック諸島独立記念週間の連休中に、やっと念願の鍋料理を家庭ですることができました。

参加者は、奈々さんと、私達夫妻の3人。
奈々さんの鍋奉行ぶりに感心しつつ、私達はビールを飲んでその姿を見守っていました。

もちろん、ラロトンガで手に入る日本食品はほとんどないので、代用品と輸入品をフル活用です。

1.鶏肉。ニュージーランドからの輸入品です。
2.ローカル野菜。キャベツ、白菜のできそこないみたいな葉野菜。青パパイヤ、チャコ
3.手作り餃子。皮はニュージーランドからの輸入ですが、中の野菜と豚ミンチはローカルです。
4.いただきものの日本食材。森永とうふ。昆布。うどん。
5.マロニーチャンの代替品。東南アジアのからの輸入品で、バミセリと呼ばれる春雨のようなもの。
6.彩り用に。輸入野菜のニンジン。

奈々さん持参のにんにく酢で、ポン酢を作ったのですが、この酢がとてもおいしい!
極上の手作りポン酢ができました。

写真は、チャコと呼ばれる、謎のローカル野菜。お隣さんがおすそわけしてくれました。
ジャガイモと同様に、皮をむいて茹でてマッシュしたり、ローストしたり、揚げたりすれば良い、とのこと。
皮をむいて生で食べてみたところ、ほんのり甘みのある上品なお味。
スライスして鍋に入れてみました。じゃがいもとは全く違う代物でしたが、鍋にもポン酢にもよく合いました。

おいしくてヘルシーな鍋料理、我が家の定番になりそうです。


クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/


イメージ 1

クック諸島で手軽に手に入る食材で、簡単、とってもおいしい料理を紹介します。

まるで雑草のように、どこにでも生えているパパイヤの木。
パパイヤは、季節を問わず、一年中手に入ります。
当地では、パパイヤとは呼ばず、ポーポーと呼びます。
ポーポーの方が、パパイヤよりも、かわいらしい、ですね。
では、早速、レシピを紹介いたします。

ポーポーサラダ(パパイヤサラダ)

材料

パパイヤ
マヨネーズ
カレー粉

作り方
1.パパイヤの皮を剥き、種を取り除き、ひと口大に切る。
2.マヨネーズとカレー粉を適量加えてまぜる。
3.冷たく冷やして召し上がれ。

これだけです。

パパイヤの甘みとマヨネーズのコクと塩気、カレー粉のスパイシーさがアクセントとなり、
簡単ながらも絶妙なおいしさです。


完成品の写真とポーポーのサンプル写真を撮ろうとしたら、
我が家の猫BBがすかさずパパイヤを食べ始めました。
BB、ポーポーが大好物なんです。
散々食べ散らかして、満足したのか、今は丸くなって寝てますけど。
パパイヤ好きの猫って、珍しいんでしょうか?


クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck

↑このページのトップヘ