クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

カテゴリ: 人物

イメージ 1

伝説のココナッツキング、ピリ・プルート3世がクック諸島ラロトンガで家族に見守られる中、逝去した。
ココナッツキングことピリ氏は、マスターオブディザスター MASTER OF DISASTER (直訳すると災難の師匠)との異名を持ち、彼の武勇伝は数知れない。

ラロトンガ歴11年の私でも、ピリ氏のネタはけっこうあったりする。すべらない話もいくつかある。
しかも、ピリ氏は、日本のテレビ【世界ごりっぱですね!】に出演したこともある。
それなのに、以外にも、私のブログで紹介した記事がひとつしか見つからなかった。
http://blogs.yahoo.co.jp/rarotongakana/54720801.html
(たぶん、もっと書いてるとは思うんだけど、Yahooブログの検索機能では1個しか検出されず。)

そもそも、ココナッツキングとは何やねん、って思う方のために、ココナッツキングの説明を。
ピリ・プルート3世は、存命中は、やしの木登りをショーにして観光客に見せて生計を立てていた。
伝統的なコスチュームに身を包み、驚異的なスピードであっという間に椰子の木に登り、アクロバティックなポーズを木の上で見せていた。
彼の特技は椰子の木登りだけでない。火おこしも、ショーの一部である。
派手なパフォーマンスの木登りとは違い、火おこしは、地味な作業なのであるが、これができる人は、ラロトンガには彼しかいない。
そして、ショーのハイライトは、ウムカイ。クック諸島の郷土料理ウムカイとは、地中に掘った穴に焼き石を入れ、バナナの葉で包んだ食材を蒸す料理である。
http://kanadive.net/umukai.html
そういえば、ここのウムカイは、タコやらヤシガニやらチョウチョウウオやら、他のアイランドナイトのブッフェではまず出てこない珍味が時々あり、本当にローカル色が強かった。

ご冥福を、心からお祈りいたします。

ココナッツキングの記事は、こちらでもどうぞ。
http://blogs.yahoo.co.jp/kimbenzo/23204103.html
http://namako.to/cook-islands/coconut-king.html

https://travel.blogmura.com/beachresorttravel/img/beachresorttravel88_31.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ(文字をクリック)
クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
クック諸島の現地情報【ココナッツブラ】

イメージ 1

巨匠 大島渚監督 ご逝去の記事を読みました。ご冥福をお祈りいたします。

大島渚とラロトンガと言えば、映画 戦場のメリークリスマス。Merry christmas Mr Lawrence
坂本龍一、デビッドボウイ、ビートたけし、そして大島渚、と、世界を代表するクリエイター達がラロトンガに終結しました。

戦場のメリークリスマス は、第二次世界大戦下のジャワ島が舞台なので、クック諸島のリゾート色は全く感じられませんが(当たり前か)ラロトンガが撮影地ってことは、わかります。
この写真の山の形とか、ばっちしラロトンガです。


現地のちょっとしたエピソード

撮影中、捕虜役のエキストラとして現地人を募集したが、クック諸島ローカルは概して体格がいい、早い話がデブが多く、捕虜に見えなくてエキストラ確保が困難だった。

撮影クルーの一人がラロトンガでの撮影中に行方不明になった。撮影終了後も発見されることは無く、今までその人が見つかったというニュースは無い。その人が無事に発見されて日本に帰国したかどうかはまったくもって謎のままである。


賛否両論の映画ですが、一見の価値ありです。


クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

クック諸島の現地情報【ココナッツブラ】
http://kanadive.net/

イメージ 1

最近クック諸島ラロトンガのローカルラジオFM局でヘビーローテーションの新曲
E Manea - Family in Trust エマネア - ファミリーイントラスト

私は音楽には疎いので、何のジャンルかと言われれば?なのですが、言語イントロはクック諸島、どことなくサウスアメリカンっぽいテイストでラップもあり、イマドキの音楽です。

まずは聞いてみてください。
http://youtu.be/5KaprRTrG7o

彼らが今、祖国のクック諸島にミュージックビデオ撮影及びライブツアーに来ています。
17-18歳の才能ある若きミュージシャン達ですが、素顔はシャイな少年。
私の判断で、バジェットレンタルで彼らのスポンサーをすることになったのですが、
正直、彼らに初めて会った時は、

ありゃー、ちょっと判断間違った? 素人同然の頼んない子供たちやん?

と、ちょっと不安になりましたが、ライブに行ってその不安は吹き飛びました。

ナイトクラブで自分たちの出番を待つ少年たち。
暗い中でも、私の姿を見つけると、挨拶しに来てくれました。
ちなみに、【アンティーカナ】(カナおばちゃん)と呼ばれています。
そして、肝心のライブは、大盛況。
シャイな少年達は、すっかりミュージシャンの顔になっていました。



クック諸島アチウ島出身の5人の少年によるユニット、Family in Trust ファミリーイントラスト は、シドニーに拠点を置くミュージックグループ。
オーストラリア、ニュージーランドのインディーズシーンでは、早くも話題になっている。
南太平洋、サウスパシフィック出身のミュージシャンでインターナショナルに名が知れているのは、サモア発が多いが、これからはクック諸島発のミュージシャンにも期待大である。

http://youtu.be/5KaprRTrG7o

エヨイヨイヨ♪エアエアエア♪マイネプローツ♪エマタマネーア♪

ついつい口ずさんでしまいます。

ラグビーワールドカップが、昨日開幕し、華やかな開会セレモニー、そして、世界最強の黒、オールブラックスvsトンガの試合がテレビ放映されてました。

今日は、日本チームの初戦。たった今、日本-フランス戦が終了しました。
実は、日本チームにはクック諸島出身の選手がいるので、テレビ放映あるのかな?と思いきや、
ニューカレドニアで開催中の、パシフィックミニゲームの放映でした。

ちなみにクック諸島出身の選手とは、ライアン・ニコラス選手です。
お父さんは、ラロトンガでは腕利きの歯医者さんです。もちろんお父さんもラグビー選手です。
ライアン選手は、ラグビー引退したら、家業の歯医者を継ぐのでしょうか。
大きなお世話か。。。

twitterによると、日本チームはフランスという強い国相手に、なかなか見応えのある試合だったようですね。
次の対戦相手はオールブラックス。。。うーん、がんばりや~、としか言えない。

2019年ラグビーワールドカップ日本開催時には、もっともっと強い日本ラグビーチームになっていると期待してます。

カテゴリー選びに困りました。今回のテーマは。。。
クック諸島初!
ポルノ解禁?!
 
お隣の国、フレンチポリネシア(タヒチ)では、トップレス美女がビーチにわんさかおり、
おっぱいカレンダーも豊富にそろっているのですが、クック諸島ではトップレスはおろか、
ビーチ以外の場所で肌を露わにすることも厳禁、
(まあヨーロピアンのバックパッカーはお構いなしでビキニでスクーター乗り回してますが)
ポルノなんてもってのほか、という、お国柄なんですが。。。。。
ついに解禁?こんなカレンダーが発売されました。
 
イメージ 1
イメージ 2
モデルの美女たちは、正真正銘のクック諸島ガールズです。
 
職場での反応が良かったので、レカレカバーのお客さんにも見せて感想を聞いてみました。
 
「あら、来年のカレンダー?タヒチのやつでしょ。タヒチはこういうの好きだからね。。。
 
(パラパラとカレンダーをめくってみる)
 
!!!!! これ、マジでクック諸島の女子やん !!!!!」
 
「この娘!xxさんの娘さんじゃないの。なんてこと!」
「xx会社のxxさん! えー?うそでしょ?」
「誰が作ったの?だれが撮ったの? XXの娘さん? へえー。」
 
日本出身の私にとっては、そんなに刺激的な内容でもないですが、クック諸島の中年以上の人々、
特にクック諸島から一度も出たことのない若者には、かなり刺激的内容だったようで。
十代で子持ちが当たり前な早熟な人々なのに、ポルノには免疫が無いなんて、意外です。
19歳・子持ちのネイサン君は、顔を赤らめながらカレンダーを見いってました。
 
フォトグラファーは、本人もモデルできそうなくらいキュートで若い女性です。
タヒチとクックのハーフなので、この手のセンスはタヒチ仕込み納得ですね。
女性が見て、モデルがとてもセクシーで美しく、エロチックに撮られています。
そう、大事なところは見えないし、ポーズもさわやかなのに、プチ・エロいです。
 
日本の男性陣がどう思うかはわかりませんが・・・・・?
 
突然ですが、カナトラベルにて、このカレンダーを販売します。
送料込 NZ$35 又は
クック諸島プロモーションDVDのおまけ付
 
興味のある方は、カナトラベルまでご連絡ください。
 
クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/
 
イメージ 3

↑このページのトップヘ