クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

タグ:オセアニア情勢

イメージ 1

クック諸島歴史上1・2を争う国際イベントが間もなく開催されます。
とはいえ、観光で来るお客様には関係の無い、政治的国際的な外交会議、その名も、太平洋首脳会議。
その名の通り、この会議のために、太平洋各国の首脳達がクック諸島に集まります。
もちろん、太平洋の島国を代表し、日本外務省からも出席します。
驚くべきことに、アメリカ合衆国国務長官ヒラリー・クリントン氏も出席するそうです。
会議の出席者はもちろん、ジャーナリスト、SPやらボディーガードやら、こんな小さな国に、一気に人がおしよせるもんだから、期間中は、ホテル、レンタカーともに、売り切れ続出でございます。

実は、期間中、スーパーから食材が一時的に無くなったりしないかと心配だったりします。
レストランも、念のため、事前予約する方が無難かもしれません。

とはいえ、9月からは、クック諸島も元の静かな島にもどりますので、ご安心を。

写真は内容とは全く関係の無い、チチカベカのビーチ。
プチストレス溜まり気味なので、綺麗なビーチで少し息抜きです。

クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

イメージ 1

久々の朗報です。というか、一大ニュースです。

皆既日食観測に100名以上の日本人が来たり
在ニュージーランド日本国特命大使が来たり
日本外務省から直々に大臣に会いに来たり
日本の旅行会社十数社が視察で来たり
在日本のクック諸島人とその家族を国費でクック諸島に避難させようとしたり

2002年移住以来、クック諸島と日本の間に大きな動きが出てきたと思っていたら
みんな、伏線だったってことでしょうか。

日本とクック諸島の今後の外交関係に注目です。



以下、外務省のプレスリリース

クック諸島の国家承認
平成23年3月25日


1.本25日(金曜日)の閣議で,ニュージーランドと自由連合関係にあるクック諸島を国家承認することを決定しました。

2.今後,国際場裡における協力を含め,クック諸島との関係を強化していく考えです。

【参考1】
 クック諸島の承認により,我が国が承認した国は193か国となる。

【参考2】
 クック諸島は,ニュージーランドの北東約3000kmに位置。首都はアバルア。面積約240平方km,人口約22,600人。

【参考3】
 クック諸島は,27か国と外交関係を開設し,25の国際機関に加盟している。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/kinkyu/2/20110325_195436.html




クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

↑このページのトップヘ