クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

タグ:ガーデニング

イメージ 1

もうすぐクリスマス。クック諸島ラロトンガでも、クリスマスムードが高まりつつあります。
クリスマスパーティーが各所で開催され、必然的にお酒を飲む機会が増えるのは、日本の忘年会シーズンと同じですね。

クリスマス時期には、ラロトンガのあちこちで、真っ赤な火炎樹が咲き乱れ、クリスマス気分を盛り上げてくれています。火炎樹は大木になるので、空に架かる真っ赤なアーチ状になっている場所もあり、綺麗です。

クック諸島の真夏、12月から3月は、色とりどりの花が咲き乱れ、マンゴーはじめとするトロピカルフルーツも収穫シーズン。観光シーズン的には、ビジター数が減る時期なので、普段は予約の取りにくい人気のホテルの予約ができたり、ローシーズンスペシャル料金を設定してるホテルもあり、私個人的には、ベストシーズンです。

写真は、エッジウォーターリゾート&スパ前の火炎樹。青空に映えます。通るたびに見惚れてしまいます。


エッジウォーターリゾート&スパのスペシャル記事はこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/rarotongakana/63364749.html

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

イメージ 1

マイホーム完成が大幅に遅れています。3年位遅れているんですけど。
アイランドタイムでしょうか。切なさを通り越して、もはや悟りの境地です。

そんなこんなで、今や、ランドスケープにかける予算が全くありません。
美しい南洋植物を随所に施した、リゾートのような庭を想定していたのですがね。
まあ、予算のことは、予想内のことです。もうどうでもいいや。

とはいえ、借家の花壇に植えたヘリコニアが、予想外に激しく育ち、勝手に増殖しています。
ヘリコニアって、一旦根付くと、こんなに生命力の強い植物だったんだ、と感心しております。
思えば、2年前、人ん家の庭でこっそり掘り起こした5cm程の新芽たったの3-4つが、今、こうして元気に花を咲かせているのだと思うと、本当に感慨深いです。

http://blogs.yahoo.co.jp/rarotongakana/58327720.html

ヘリコニアの生垣も、もはや夢ではありません。
週末、株分けしたヘリコニア、植えてきました。以前紹介したティパニ、プルメリアも。
マイホームが完成する頃には、立派な生垣になっていることを期待して。。。

イメージ 1

ティパニの花は、その愛らしい姿と甘い香りが特徴で、エイと呼ばれる歓迎用の首飾りや、頭に飾る花輪にもよく使われます。
南国らしく、育て方も難しくないので、日本でも人気の植物のようです。

今回は、ティパニの薬効を紹介します。
ティパニの葉や茎を切ると、切断面から白いミルクのような樹液が出ます。
この樹液は毒があるらしく、皮膚炎を起こすらしいです。私は炎症起こしたこと無いですけど、皮膚の弱い人は要注意ですね。
ちなみに、この白い樹液は花の部分からは出ないので、ティパニの首飾りを直接皮膚につけても特に問題はないようです。

さて、この毒とされているティパニの樹液ですが、驚く効能もあります。

この毒と言われているのティパニの樹液が、蜂刺されに効くのです。

こちらではワスプと呼ばれている黄色い蜂。
たぶんアシナガバチの一種だと思いますが、結構どこにでもいます。
特に攻撃的では無いのですが、刺されるとたいへん。
まず、鋭い激痛。半日くらい続きます。で、患部は腫れあがり、ものすごい痒みを伴います。
アレルギーやショックを起こす人もいるので、虫刺されと言えど、侮れません。
ショック症状や眩暈等を感じたら、病院に行く必要がありますが、とりあえず、ワスプに刺されたら、患部にティパニの樹液を塗るのです。すぐに塗らないと効果はありません。
これで、激しい痛みと腫れから免れることができます。ティパニの毒が、蜂の毒を消すのでしょうか?

私も久々に刺されました。1年に1度は刺されますね。
ガーデニングとかしてるとき、建設中の小さな巣に気づかず、枝を剪定して刺されたり。

でも、今回はバイクの運転中に刺されました。運転中、ぎゃあ!って、大声あげましたよ。
犯人は、ジャケットの中に隠れていたようです。昨日まで普通に着てたジャケットです。
運転中なのでどうしようもなく、運転続行。
ワスプはミツバチと違って、刺しても死にません。針も復活するらしいです。
でも、さすがに2回も刺さないと思ったら、、、、、また刺されました。
痛みに耐えかねて、バイクを止めてジャケットを脱ぐと、いましたよ。ワスプが一匹。

幸い、ティパニの木はどこの庭先にもあるので、すぐにティパニの葉を取って樹液を患部に塗りました。
ティパニが効いたせいか、痛みは治まりました。効くもんですね。

しかし。疼痛は無くなったものの、激しい痒みと腫れはまだあります。患部は熱を持っていて、反対側の二の腕と比べると、太さは2倍になった気が。。。

みなさん、ワスプにはくれぐれも気をつけてください。

イメージ 1

カナトラベルHPを更新しました。新規契約の素敵な宿を紹介しているので、ご覧ください。
http://kanatravel.co.ck

さて、新規契約の宿で、私の個人的なイチオシは、ラロトンガバンガローズ。
ラロトンガでは、意外と少ないポリネシアンスタイルの宿で、ここはとっても可愛くて、一目惚れしていまいました。
本当に気に入ったので、ご成約の方には特別サービスをつけちゃいます。
http://kanatravel.co.ck/rarobeachbungalows.htm

特に、半屋外のトロピカルガーデンシャワー。素敵過ぎる。。。

これ見て、マイホームの間取りを変更しました。
マイホームのシャワーは、トロピカルガーデン囲まれた半屋外にしました。
いや、シャワーだけでなく、洗面・トイレも半屋外。超開放的で刺激的!?

マイホームの間取りは、間もなく完成。そして、いよいよ来月には建設スタートです!
ここまでが長かった。。。

イメージ 1

そもそも私がガーデニングに興味を持ったのは、マイホーム建設がきっかけ。
ガーデニングと言うより、ランドスケープですね。

建物をモダンなコンクリート建築にするので、ランドスケープは上品な熱帯ジャングル風で、高級リゾートっぽく仕上げたいと思っています。

ランドスケープのイメージデザインが決まれば、植物を注文して綺麗に植えるのが早くて確実ですが、私は、お金を出してまで買う経済力がないので、自力ででちびちび増やしてます。
といっても、植物を増やす知識も技術もありません。適当です。

ヘリコニアの生垣を目指していると、以前の記事で書きました。
http://blogs.yahoo.co.jp/rarotongakana/55615102.html
土地に直接植えた株は、結局全滅してしまいましたが、鉢植えヘリコニアはすくすく育っています。
花はまだ咲きませんが、既に何回か株分けして、確実に数を増やしています。生垣にはまだまだ足りませんが。

アンスリウム
最初の株は1週間で枯れてしまいました。ヘリコニアを枯らした後だったので、手塩にかけて世話したのに。。。

ちなみに、このヘリコニアとアンスリウム、どちらもこっそり頂戴したものです。そうです。花泥棒。


数週間前、家の近所に立派なアンスリウムを見つけたので、ちょっと頂いちゃおうと、園芸バサミを持って株を2つほど切ったところに、【そこで何をしているの?】という声が。。。

現行犯逮捕です。言い訳はできません。私は正直に、答えました。

立派なアンスリウムだから、少しいただきました。あなたのものとは知りませんでした。ごめんなさい。

【私のものでは無い。母のもの。母は教会の権威で、花は教会に寄付するもの。だから、あなたには花をあげることはできない。しかも無断で採るなんて、ひどい。】

罪悪感と恥ずかしさで、私は平謝りし、その場を去りました。
しかし!アンスリウムの株はしっかり持って帰って来たのでした! やっぱり、泥棒。。。

2株のうち、1株は地植えに、1株はココナツハスクに。

地植えは枯れました。またもや。。。ココナツハスクに挿した株は、小さな葉を1枚残して、かろうじて生きている感じ。全滅も時間の問題か。
一体、何が原因なのでしょう?私の愛情が足りないのでしょうか。


今日は、白いハイビスカスの枝を挿し木しました。
こっそり頂戴できる環境だったのですが、今回はさすがに、この木のオーナーを探して、枝を切る許可をもらいました。
【どうぞどうぞ。ただし、貧相に見えない程度にしてね。わざわざ聞いてくれてありがとう。】
と、快い返事。意外に簡単なことだったのですね。

白くて可憐なハイビスカス。写真を撮るのを忘れたけど、うまく育ってくれれば、また写真をアップします。


写真は、数ヶ月前に植え代えたユリ。綺麗でしょ? 8株植え替えて、1株しか花が咲かなかったけど。。。まあ、葉は元気に育っているし、気長に待つとしましょう。
ちなみに、このユリは、盗んだものじゃ無いですよ!

↑このページのトップヘ