クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

タグ:マリンスポーツ

イメージ 1

クック諸島在住16年目にして、遂に、というか、やっと、アウトリガーカヌーを始めました。

いつやるか?今でしょ! (古くてすみません)

今始めなければ、もう一生しないような気がして、重い腰をあげて初心者セッションに参加しました。

毎年11月にクック諸島ラロトンガで行われる国際レースのVAKA EIVAの記事をはじめ、アウトリガーカヌー関係の記事は、もう何回もブログに書いているので、詳細はWikipediaをご参照ください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%8C%E3%83%BC

ちなみに、アウトリガーカヌーは、クック諸島では、VAKAと呼ばれています。なので、VAKA EIVA は、アウトリガーカヌーの祭典、とでも訳しましょう。

この初心者セッションですが、いきなり外洋での実戦練習です。
幸い私は、長年スクーバダイビングインストラクターをしていたので、外洋は慣れていますが、多くの人は、外洋というだけで、少しドキドキするのではないでしょうか。
波もあるし、当然ですが、足がつかない。。。落ちたらどうしよう?転覆したらどうしよう?とか、考えるようです。

アウトリガーカヌーは、外洋の荒波でも転覆しにくい工夫の結果のかたちなので、そうそう簡単には転覆しませんが、やはり、たまーに転覆します。(転覆したカヌーを海面で元に戻す方法は、また後日紹介したいと思います。)

転覆してないのに、カヌーから落ちてしまう状況は考えられないのですが、長距離レースの場合は、選手交代のため海に飛び込む必要があるので、泳力は言わずもがな、荒波にもまれながらも自力でカヌーによじ登る能力は必須です。

美しいラロトンガ島を外洋から望み、しばし休憩と思いきや、水に飛び込めとの指示が。
海水の透明度が高いので、真っ青な水の奥の水底の様子がくっきり見えます。水深は15m位のところ。
私としては、もう、水に入りたくてたまらないのですよ。パドリングでからだは火照っているし。
ここぞとばかり飛び込み、いったん素潜りしてから、カヌーによじ登ります。
これが、素足のため、予想以上に腕力が必要でした。(スクーバやスノーケル中はフィンをはいているので、水を蹴って楽々ボートに昇り降りすることができるのです。)
これは、初心者にはかなりきつい試練なのでは?と、思っていたら、案の定、数人の初心者パドラーが手こずっているようでした。
クック諸島の人は、肥満率世界一になるほど、からだの大きい人が多いです。
パドリングは初心者でもすぐにできても、その巨体をカヌーに戻すのは、至難の業。
四苦八苦して、やっとこさ全員がカヌーに戻った時には、拍手喝采でした。

スクーバダイビングを引退して10年近くたち、ほぼ毎日外洋に出ていた日々とは無縁の生活になっていましたが、アウトリガーカヌーセッションに参加することで、外洋に出る感覚を思い出しました。
私の体も精神も、それが、嬉しくてたまらないようです。
初日は、中年運動不足のからだにはかなり堪えて、全身の筋肉痛から復活するまで5日もかかりましたが、2週目は、休憩なしほぼ一時間パドリングしっぱなしだったにもかかわらず、翌日の今日、体調はすこぶる良いです。もうすでに、来週のセッションが楽しみなくらい。すでに、はまりつつあります。

クック諸島ラロトンガ島ダウンタウンのアヴァルア港に位置する、老舗シーフードレストラン、トレーダージャックから、ほぼ毎日、夕方4時半ごろから練習風景が見られます。水平線に沈む夕日をバックにアウトリガーカヌーは、とても絵になります。滞在中、機会があれば、ぜひ、一度訪れてみてください。魚料理はもちろん、クック諸島地ビールもドラフトでいただけます。

https://blogs.yahoo.co.jp/rarotongakana/63746084.html

(写真はVAKA EIVAのレース時のもので、初心者セッションではありません。)

月刊ダイバー4月号(3月10日発売)で、竹沢うるまさんのクック諸島の記事が、10ページに渡って掲載されます。

http://diver.shop-pro.jp/?pid=113184211


竹沢うるまさんは、写真家で、12月-1月に一か月間、クック諸島に滞在していました。

http://uruma-photo.com/


お楽しみに!

イメージ 1

クリスマス休暇、お正月休暇、どちらも4連休でしたが、雨の多かったクリスマス休暇は家の敷地から一歩も出なかったのに、お正月休暇は、晴天続きで、毎日ビーチに出かけてました。

そして、せっかくの休みなので、久々にダイビングしました。最後のダイブは2015年アイツタキで、「世界さまあ~リゾート」の取材。ラロトンガでのダイブは。。。思い出せないくらい久しぶりです。
波なし風無し。水温は28度。最高のコンディション。

ポイントは、Avaavaroa Dropoff と Papua Passage。

久々の水中世界は、真っ青で自分の息しか聞こえない、非日常の世界。

10年前までは、水中にいる方が日常だった現役スクーバインストラクターの頃と比べて、私自身はすっかり変わってしまったけど、海の中は、ほとんど変わってないように見えました。

たくさんのリーフフィッシュはもちろんのこと、ドロップオフではマダラトビエイの群れ、イソマグロの群れ、パッセージ入り口付近ではアオウミガメが見られて、とても満足なダイビングでした。

イメージ 1

クック諸島でスノーケリングと言えば、

①グラスボトムボートラグーンクルーズで訪れるスノーケリングスポット
②アロアビーチ THE DIVE CENTRE,THE RAROTONGAN BEACHRESORT前
③ティキオキビーチ FRUIT OF RAROTONGA前
が、ラロトンガでは代表的なポイントです。
①は、実はティキオキラグーンの沖の方なんで、③とかぶっていますが。
全て、ラグーン内なんですね。

今回は、外洋でのスノーケリングのご紹介です。
ラロトンガ島には水路がいくつかありまして、その水路から泳いで外洋に出ることができます。
ですが、そのほとんどの水路が遊泳禁止なんですね。
理由は、潮の流れ早く危険で遊泳には向かないからです。
一応、ビーチには注意喚起の看板が立っているのですが、海に監視員がいるわけでもなく、自己責任で泳いだりサーフィンしたりする人たちはいるわけです。
私も遊泳禁止区域でビーチエントリーのダイブを何度もやりました。もちろんプライベートで、自己責任です。スクーバダイビング講習で、生徒ダイバーに教える真逆のことをしていたわけです。

私のことはともかく。

そんな危険なことをしなくても、外洋でスノーケリングを楽しむ方法があります。
ダイビングサービスで、スノーケリングツアーに参加することができる、というのは、実はあまり知られていないような気がします。
ダイブサービスは、ボートに余裕があれば、ダイビングしない人も、ボートに乗せてくれます。
もちろん料金はダイビングとは全く別の設定です。スノーケラー料金、ボートフィー等、サービスによって名前は違いますが、要は、スクーバダイビングをしない人がボートに乗るための料金で、たいていは、スノーケルの器材レンタルも含まれています。
とりあえず、スノーケリングツアーと、ここでは言っときます。
スノーケリングツアーに参加すると、ダイビングボートで外洋のダイブポイントに行き、スノーケリングを楽しむことが簡単にできるんですね。
ラロトンガの海は、透明度が高いので、水底がボートから見えてます。ダイブポイントのスタート地点は水深10-15mです。そこから、岸に向かって泳ぐとリーフの切れ目に魚がたくさんいます。水深3-5m位のところが、魚との距離も近く、スノーケリングには最適です。
また、遊泳禁止区域の水路内でのスノーケリングも、スノーケリングツアーでは可能です。
ラグーン内のスノーケリングでは見ることのできない魚の群れや、ウミガメ、マダラトビエイ、リーフシャークを間近で見ることができるかもしれません。

気軽さでいうと、やはりビーチエントリーのスノーケリングが安全でお手軽ですが、スノーケリングファンのみなさま、スノーケリングツアーに参加してみてはいかがでしょうか。
この時期、クジラに遭遇する可能性もあります。スノーケリングでクジラとランデブーなんて、一生の思い出になりますよ。


クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

イメージ 1

今年も、会社対抗アウトリガーカヌーレースV12の季節がやってまいりました。
Polynesian Rntalsは、去年は不参加だったので、2年ぶりの参戦です。


ラロトンガで最も風光明媚など言われているムリビーチラグーンでのカヌーレースは、土曜日の午後、各会社で場所をとり、テントやバーベキューセットを設置し、大人はビール飲みながらの観戦、子供はムリラグーンでの水遊び、そしてメインのアウトリガーカヌーは250m短距離、程よい緊張感と運動量で、とても楽しい充実した日になりました。

Polynesian Rentalsからは2チーム参加。チーム1は最下位対決に残り、チーム2は準決勝2位で惜しくも決勝を逃しましたが、両チームとも3回レース参加できて、結果的には良かったです。
しかも、今年はチームにパドリング経験者がたったの2名で、ほとんどが今回初めてのパドリング体験です。それにしては、なかなか健闘したほうだと自負しています。

会社対抗アウトリガーカヌーレース、これからも毎年参戦したいと思います。


クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

↑このページのトップヘ