クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

タグ:伝統芸能

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昨日は久々にアイランドナイトを見てきました。

アイランドナイトとは、クック諸島伝統舞踊を見ながらディナーを楽しむというもので、たいていのリゾートで曜日違いでやってます。

ここのグループはファイアーダンスあり、元準ミス・サウスパシフィックの美女あり、と、なかなか見ごたえがありました。

必見は、マッチョなイケメンふたりのやしの実殻剥ぎデモンストレーション。
やしの実の実物を見たことがある人はわかると思いますが、相当固く、厚い繊維質で覆われています。

それを、なんと歯で剥いでしまうのです。

ナイフを使ってもなかなか剥げないのに、傷ひとつ無いやしの実を歯で剥いでしまうとは!
衝撃です。

しかも、マッチョイケメンふたりのゲイっぽいパフォーマンス(わざとだろうけど)に、会場は大爆笑!
こんなに笑わせてもらったアイランドナイトは久しぶりでした。

イメージ 1

ウラ とは、クックアイランドマオリ語で、踊り・踊るという意味です。

ウラはクック諸島民の生活から決して切り離して考えることはできません。
クック諸島の赤ん坊は、歩き始めるよりも先にウラを始めます。
ドラムビートが聞こえると、やっとつかまり立ちできる赤ちゃんは腰をフリフリ、ハイハイできる赤ちゃんは、足をバタバタさせて、ウラを始めます。 本能ですかね。

数年ぶりに、TE MAEVA NUI に行ってきました。
リゾートのアイランドナイトディナーショウとは一味違った、ローカル色濃くオリジナリティに溢れたダンスと音楽に、しびれました。

写真は、アチウ島チーム。ダンスではなく、合唱の部だったのですが、ご覧のように、みなさん立ち上がってウラってます。観客も、舞台の前でウラってます。
便乗して私も。。。と思いましたが、恥ずかしいので、終了後、バーのダンスエリアでウラってみました。
ラロトンガのバー・クラブでは、流行のダンスミュージックに混ざって、ローカルダンス曲も流れます。
客層も、やっと成年に達した若者から、おじいちゃんおばあちゃんと、幅広い年齢層です。
それまでR&Bでグルービイに踊ってたローカルは、音楽がクックのドラムビートに切り替わった途端、ローカルダンスを始めます。
基本的に男女ペアダンスなので、ひとりでウラってると、どこからともなくイケメン男性現れて、リードしてくれたりするものです。

ただし、あなたが男性の場合は、ひとりでウラっていると、恰幅のいいお母さん、又は、おかまちゃんが、どこからともなく現れて、リードしてくれますよん。

ほら、恥ずかしがってないで、あなたもウラ!ひとりでもウラ!ウラ!ウラ!

大航海時代(だいこうかいじだい)とは15世紀中ごろから17世紀中ごろまで続いたヨーロッパ人によるインド・アジア大陸・アメリカ大陸などへの海外進出をいう。

ヨーロッパの船は、南太平洋まで進出し、ポリネシアの島々に上陸することになるのである。

そして、ヨーロッパ人たちがクック諸島で見たものは・・・・・!!!

小さくも美しく肥沃な島々と、開放的な島の人々。特に、美しく妖艶な美女達。

それはそれは長期間、明確な最終点の設定も無く、男だけで過酷な海を渡り続けた末に辿り着いた場所。

それは、正に パラダイス - 楽園 と呼ぶにふさわしい。。。

こんな美女達(しかも半裸)に囲まれ、超セクシーダンスを披露された日には、そりゃあ、帰りたくなくなっちゃうわな。

http://www.youtube.com/watch?v=cFydfv73gsE&feature=related
ジョイスちゃんには、ラロトンガ国際空港前、アクアリウスホテルで会えます。

http://www.youtube.com/watch?v=FyO349KDLlM
ラロトンガで撮影のビデオクリップ。ジョイアナちゃん(当時16歳)の美しさはもちろん、ラロトンガの風景も堪能できます。
ビリーTKJr.、このビデオクリップ撮影で、ジョイアナちゃんの色香に完全にヤラレタようで、このふたり、なんと婚約しました。ジョイアナ17歳、ビリー40前、の時です。ラロトンガのカレッジ(日本で言う中学高校レベル)の全男性が泣いて悔しがったのでした!!! なんであんなオッサンと!
しかし、結局、婚約は解消されたようで。ジョイアナちゃんはニュージーランドのオークランド大学で学生をしています。

ラロトンガ代表美女、ジョイアナちゃん、今年のミスクックアイランズにも参加しています。
http://www.miss-cookislands.com/

ミスクックアイランズの面々、まだまだおぼこくシャイな感じの女の子達ですが、お披露目会を重ねるにつれ、自信と気品を身に着け、大人の女性の魅力を発揮していきます。
決勝大会の4月3日が楽しみです。

イメージ 1

クックの人は、みんな音楽とダンスが大好き。
そんなわけで、クックの子供は、歩くよりも早くダンスを覚える。
ドラムの音が聞こえると、ちびっ子は腰をフリフリ、足をパタパタ、達者なもんである。

毎週火曜日には、公民館でダンス無料レッスンをやっている。
無料レッスンと言っても、ベテランドラマー達によるフルバンド演奏で、大迫力。

↑このページのトップヘ