クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

タグ:結婚式

イメージ 1

近年、クック諸島は、海外挙式、ビーチウエディングが人気で、世界各国からのゲストが、結婚式のためにクック諸島を訪れています。
結婚式の規模は、新郎新婦だけの小さなものから、ゲスト200人超えの大規模なものまで、様々です。

今週、エッジウォーターリゾートにて、日本人カップルの結婚式に立ち会いました。
新郎新婦だけの小さな結婚式。あいにくの雨でしたが、笑顔いっぱいのハッピーウエディングでした。

雨は、クック諸島ではBLESSING(祝福)の意味があるそうです。結婚式に雨が降ると、縁起がいいのだとか。
私自身の結婚式も、ラロトンガでのビーチウエディングでしたが、雨でした。以来13年、おかげさまで、家庭円満です。(笑)

クック諸島には、いわゆる結婚式場というものは存在しませんが、教会、熱帯植物園、ガーデンレストランカフェ等々、レンタル豪邸、等々、結婚式場に使える場所はたくさんあります。
中でも、やはり一番人気は、美しいビーチでのビーチウエディング。
各リゾートでも、オリジナルのウエディングパッケージを用意しています。

カナトラベルでは、各リゾートのウエディングパッケージの他、ご要望に合わせたオリジナルのウエディングプランの相談も受付いたします。

ハネムーンと合わせてのビーチウエディングはもちろん、記念日にお互いの愛を誓い合うバウリニューアルも、おすすめです。



カジュアルリゾート エッジウォーターリゾートは、輝くオーシャンビューのデラックスビーチフロントスイートがおすすめ。ウエディングパッケージと一緒に予約すると、お部屋のアップグレードが!
ハネムーナーも、ファミリーも楽しめる、老舗リゾート。

http://www.edgewater.co.ck/

今回のフォトグラファーは、日本で大工をしていた経験があるというウイリー。ウエディングに限らず、地元のイベントや企業広告にも駆り出される、超人気・多忙のフォトグラファーです。

http://www.cookislandsphotos.com/

ウエディングセレブラントには、その昔、千葉県で美容師をやっていたという、ヘンリー。日本語も少しわかります。法務省勤務の傍ら、セレブラント以外にも、歌手、アーティストとしての活動もしている、エンターテイナーオネエです。

毎年クリスマス前から年明けは、クック諸島ローカル人口が急激に増えます。
日本のお正月やお盆に、帰省した親戚一同が集まるのと同様に、クリスマス休暇を家族と過ごすために、海外暮らしのクック諸島人が里帰りしてくるのです。
この時期、ラロトンガ空港は、送迎のローカルであふれかえり、フライトも満席ですが、観光客はごく僅か。
クック諸島のホテルは閑散としています。部屋の占有率は、だいたい20-30%。
日本では年末年始は料金がアップなのに、ここクック諸島では、ホテルのローシーズンスペシャル料金も発売されたりします。
イメージ 1
さて、この時期のもうひとつの目玉は、結婚式。親戚一同が集まるこの時期に結婚式を挙げるカップルが多く、毎日どこかで盛大な結婚式があります。
旅行者のビーチウエディングと違い、式も披露宴も盛大です。料理の量も半端無いです。
結婚式のご馳走といえば、やっぱりローカルポークで、養豚所は、今が稼ぎ時。
伝統土釜料理ウムカイはもちろん、豚の丸ごとローストは、見た目にも豪華?で、お祝いにはかかせません。
新郎の家族が新婦の家族に豚を送る、という昔のポリネシアの習慣もあり。。。ちなみに、豚の数で新郎の甲斐性を図ったりします。
 
写真は、夫の従弟の結婚式。サモアとクック諸島の融合です。
ビーチ前芝生に特設テント設置し、参列者は約80人でした。
ドレスコードが白だったので、ウエディングドレスとかぶるやん、と思ったら、新婦は黄色のドレスで登場。
なるほど納得。
私は自分のウエディングドレスを着ていきました。1回きりなんて、モッタイナイですよね。
ウエディングドレスの再利用は、今回で3回目です。5年経つので、さすがに体型も変わり。
それでも一応ファスナーを閉めることができました。メタボに要注意ですね。
 
ウムカイ詳細
 
 
クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

イメージ 1

今日は、カナトラベルでウエディング予約してくださったカップルの結婚式でした。
誰もいないビーチを独り占め、いや、ふたり占めしての、ロマンティックなビーチウエディング。
お天気にも恵まれ、美男美女カップルで、とても絵になるビーチウエディングでした。

ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに。


ラロトンガで結婚式を挙げる国際カップルが、毎年増えています。
各リゾートでは、独自のウエディングプランを提案していますが、カナトラベルのウエディングは、リゾートのビーチではなく、誰もいない静かなビーチで行います。
リゾートで結婚式をあげる人は数え切れないほどいるので、カナトラベルならではのオリジナリティを出したいと思っています。

カナトラベル ビーチウエディング 
スタンダードプラン $800 (2010年3月まで)
含まれるもの
・ウエディングコーディネーター
・司祭への謝礼
・カナトラベル発行クック諸島結婚証明書
・花いっぱいに装飾されたアーチ
・花嫁のフラワーエイ(冠又は首飾り)
・新郎のフラワーエイ(冠又は首飾り)
・スパークリングワイン
・ココナッツ苗植樹


今回のウエディングでは、上記のスタンダードプランに、花嫁のポージー(ミニブーケ)、ヘアスタイリスト、フォトグラファーをオプションで追加しました。
ちなみにこの写真は私が撮ったものです。プロの写真とは全然違いますから。


画家でヘアメイクスタイリストでもある、女性フォトグラファーによる写真が完成したら、カナトラベルのHPにて紹介しますね。
http://kanatravel.co.ck/

↑このページのトップヘ