クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

タグ:菓子、デザート

イメージ 1

昭和の名曲、【君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね。】のカバー曲が、去年ヒットしたとか。。。

カラオケボックスで、君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね。を歌っていた時は違和感を感じなかったのだが、クック諸島に来てから、この歌詞に激しく違和感を感じる。

君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね。 

って、キウイ だけが強烈に異質。

だって、キウイフルーツは南国トロピカルフルーツではないし。
そもそもキウイって、ニュージーランドに生息する絶滅危惧種の鳥の名前だし。
ニュージーランドって、そもそも寒い国だし。
キウイフルーツは、外観が似ていることから、その鳥の名前にちなんでニュージーランドで商品名としてつけられた名前で、原産は中国、マタタビ族のシナサルナシという植物だし。

トロピカルフルーツで統一したかったんなら、南国フルーツの王様、バナナでしょう。

君たちバナナ・パパイヤ・マンゴーだね。

これならしっくりきます。

バナナ・パパイヤ・マンゴー、クック諸島の朝食メニューの定番です。

中でも日本では高級果物とされるマンゴー。クック諸島では今が旬です。
バナナ、パパイヤは季節を問わず収穫できるのに比べると、夏にしか収穫できないマンゴーは、クック諸島でも少しプレミアムなフルーツです。
クック諸島のマンゴーシーズンは、11月から4月頃。
木によって果実が成熟するタイミングが異なるので、1年の半分位、マンゴーを食べることができます。
今日の朝食はマンゴー。夕食後のデザートもマンゴー。
マンゴーに始まり、マンゴーに終わる、真夏のラロトンガでした。

写真は、バナナの花。バナナの花なんか、日本では植物園以外では、なかなかお目にかかれませんよね。


クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

クック諸島の現地情報【ココナッツブラ】
http://kanadive.net/
https://travel.blogmura.com/beachresorttravel/img/beachresorttravel88_31.gif
[https://travel.blogmura.com/beachresorttravel/ ]

ニュージーランドからお客さんがやって来たので、久々に老舗リゾート、エッジウォーターリゾート&スパ の名物アイランドナイトに行って来ました。
 
エッジウォーターリゾートは、客室数280室という、クック諸島では貴重な大型リゾートです。
一人旅でも比較的リーズナブルなガーデンルーム、ジャグージ付の広々バスルームが魅力のハネムーナーご用達ビーチフロントデラックスルーム、大家族でも安心の3ベッドルームヴィラ、など、豊富な部屋カテゴリー。
スイミングプール、キッズクラブ(託児所)、テニスコート、スパ施設、ツアーデスクも兼ねるレンタル会社Budgetも併設され、リゾートとしての機能は申し分ありません。
日本出発のツアーでは、ほとんどが、ここエッジウォーターリゾート宿泊となります。
 
アイランドナイトは、クック諸島の民族舞踊ショウとブッフェディナーがセットになった、クック諸島に来たら、一度は体験していただきたいディナーショウです。
中でも、エッジウォーターリゾートのアイランドナイトは老舗中の老舗。ブッフェの種類はダントツでクック諸島ナンバー1です。
 
特に必見(必食?)なのが、デザートバッフェ。10m近くある長テーブルにずらりと並ぶデザートの数々。
種類を数えるのを忘れましたが、20種類はあったかと思います。
イメージ 1
 
ポリネシアンダンスショーにありがちなのが、お客さん参加コーナーです。
ダンサーがステージから下りてきて、お客さんをステージ上に誘います。
もう10年目なので、さすがに知り合いが多すぎてあまり誘われなくなったのですが、今回はお子ちゃまダンサーズによるお招きだったので、久々にステージに上げられました。
ドラムのビートに合わせて、お子ちゃまダンサーズのリードで腰をフリフリフリフリ!
何回参加しても、リズム感の無い私は、一向に上達してません。
(私に気づいたドラマーのおっちゃんがニヤニヤしてました。。。)
 
♪踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊りゃな損損♪
 
イメージ 2
アイランドナイトは、毎週 火曜日、土曜日。ひとりNZD65です。
 
クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/
 

今日は、クック諸島ラロトンガのご当地スイーツを紹介。
 
海外のデザート、スイーツと言えば、無駄にでかくて、やたら甘い砂糖の味しかしないパサパサのケーキ、というイメージがあるのは私だけでしょうか。
基本的に酒飲みの私は、甘いものは苦手なのですが、日本のスイーツやお菓子は食べます。
やはり日本の食べ物は世界でも断トツに一番おいしい。
繊細な味付けにプレゼンテーション、そしてやはり、サイズが小さいこともポイントです。
食べ終わった後の、もうちょっと欲しい、という気持が、日本スイーツのおいしさを冗長させているのでは無いでしょうか。
 
そんな私ですが、最近見つけた、ご当地スイーツ。マンゴーレアチーズケーキ
ごく普通のお持ち帰り専用タッパーに入って、24時間営業のガソリンスタンド【OASIS】に売ってるという、何の色気も無いスイーツなんですが、これが絶品。。。。。
甘さ抑えめ、華やかなオレンジ色(マンゴー色?)のマンゴーピューレが無造作にのっていて、メインのチーズ部分にもフレッシュマンゴー果実が練りこまれているのか、ほのかなマンゴー風味で上品なお味。
これでNZ$8.50は、お買い得!(日本円で約550円)
夙川のスイーツ専門店なんかで買うと、5分の1の大きさで、\480 はします。(断言)
お買い得でっせ~。
 
イメージ 1
写真はパッションフルーツレアチーズケーキです。酸味がさわやかな美味でしたが、マンゴー味にはかないません。
ブログにしようと決心したその日(翌日なんですが)、マンゴー味は売り切れでした。おそらく季節のフルーツで手作りでしょうから、マンゴー味は次のシーズンまで、おあずけかもしれません。
 
クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

↑このページのトップヘ