クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

タグ:飛行機

イメージ 1

ラロトンガ空港の滑走路は短い上に、道路と海とに隣接しているので、着陸時には機体が地面に接近し、その風圧(JET BLAST)を感じることができる、世界でも稀なスポットがあります。

その名もJET BLASTスポット。

夜中の便も多いラロトンガ空港ですが、日中の到着便の際は、大迫力のジェット機の着陸を一目見ようと観光者がJET BLASTスポットに集まります。

昨日は、JET BLASTスポットが、いつも以上の混雑でした。普段はボーイング767かエアバス320と、あまり大きい機体は無く、週1.2便のB777が最も大きい機体ですが、この日は特別に、ボーイング747が着陸するとのこと。
ジャンボジェットがラロトンガ空港に来るのは何年振りでしょう。
大迫力の離着陸を見物するために、大勢の人と車がJET BLASTと呼ばれる観測ポイントに来ていました。

特にこの日は、2時間の間に、このニュージーランド航空B747の他に、AIR RAROTONGA, AIR TAHITI, ニュージーランド空軍ORIONの離着陸もあり、航空ファンでなくても十分楽しめました。

ちなみに、その昔、ジャンボジェットは、ニュージーランド航空、LA発タヒチ経由で定期便がありました。10年ほど前のことですが。

B747も間もなく引退だそうで、噂では6月にまたラロトンガに到着するとのこと。実は今回着陸の瞬間は見逃したので、今度こそ、しっかりリサーチしてリベンジを狙います。

いつか、ラロトンガ空港にも、B787ドリームライナー来てくれないかしら。

イメージ 1

クック諸島ラロトンガ島で、SENIC FLIGHT セスナでの遊覧飛行に行ってきました。

上空から見るラロトンガ島は、紺碧の海とターコイズブルーのラグーン、ホワイトサンドビーチに深緑ジャングルに包まれた険しい山々と、芸術的で神々しくさえあるほどの美しさです。
低空飛行も可能なので、迫力ある景観を楽しむことができます。
また、ザトウクジラの回遊シーズン7-10月は、上空からクジラウォッチングも可能です。

透明度の高いラロトンガの海は、上空からでも水中の地形がわかるほど。

ヘッドセットで会話ができるので、パイロットへ要望を伝えると、可能な限りその通りに飛んでくれます。
SENIC FLIGHT は、AIR RAROTONGA 主催で、ひとり$129。 申し込みは2人か3人で。セスナの座席がパイロットを含め4席しかないので。。。

パイロットもイケメンで、大満足の20分でした。


クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

イメージ 1

10日間だけの30%オフ クリスマスキャンペーン
\ 80,500~*
目的地: オークランド、ほかニュージーランド航空が運航するニュージーランド国内各都市
販売終了日: 2011年12月28日
出発日: 2012年2月1日~2012年3月21日

南太平洋路線は、上記料金に$21000追加。なんと、10万円ちょっとでクック諸島往復航空券が購入できるチャンスです。
http://www.airnewzealand.jp/smart-saver-christmas-special

この機会に、クック諸島旅行はいかがでしょうか? ローシーズンスペシャルを出しているホテルもあり、お得ですよ!


クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

突然ですが、日本-ラロトンガの直行便はありません。
ラロトンガから直行便があるのは、オークランド(ニュージーランド)、クライストチャーチ(ニュージーランド)、LA(アメリカ)、パペエテ(タヒチ)、です。

ラロトンガから日本に行く場合、最も便利なのは、ニュージーランド航空です。
日本-オークランド、オークランド-ラロトンガ、両便とも毎日あります。
http://www.airnewzealand.jp/
JALの日本-ニュージーランド便は、ニュージーランド航空のコードシェア便です。

今回の里帰り、ニュージーランド航空で帰りたかったけど、格安航空券に目がくらみ、ジェットスター航空JET☆を選んでしまいました。
ニュージーランド航空のラロトンガ発日本行き航空券は、なんと、日本発ラロトンガ行きの方が安いんです!!!何とかしてください、ニュージーランド航空さん!

さて、それはさておき、JET☆の感想を。
http://www.jetstar.com/
JET☆だと、ゴールドコースト(オーストラリア)経由です。乗り継ぎ時間は3時間。
関空-ゴールドコースト(以下GCと略す)が約8.5時間、GC-オークランド(以下AKLと略す)が約3時間。
関空-AKL直行便が約11時間なので、まずまずな飛行・乗継時間。
そして、JET☆の最大の特徴は、ユニークな運賃設定、機内サービス有料、という点。

結論から言うと、安さを求めるなら、JET☆は、アリです。
若くて体力に自信があり、冒険心があるならおすすめです。

おすすめ
空港で好きな食べ物を買って機内に持ち込みましょう。私は機内食は注文しなかったので味や献立はわかりませんが、自分の好きなものの方がいいと思います。もし小腹が減ったとしても、日清カップヌードルが機内で買えます。AU$4。ただし、クレジットカードは$10以上で無いと使えません。

おすすめ
DSやポータブルDVDプレーヤーを持ち込みましょう。本でもいいけど。
有料の機内エンターテイメントのポータブルプレーヤーは、はっきりいって、でかくて邪魔になります。しかも、日本語吹き替えの映画が少ない。高くないけど、無駄なお金を払ったと感じました。

注意点
ニュージーランドに一旦入国しなければなりません。AKLにて入国審査を受け、預け荷物を受け取り、検疫を通ってやっと到着ゲートを出れます。乗換え便のカウンターに移動、チェックイン、出国審査、手荷物検査を再度して、やっと飛行機に乗れます。往路も復路も一緒です。
ニュージーランドの検疫ってめんどくさいです。食べ物持ってると、1個1個調べられます。
ちなみに私は食べ物は没収されたこと無いですが、マタタビの木を使った猫のおもちゃを没収されました。

注意点
遅延が多いです。JET☆の遅延のせいで次の便に乗れなくても、JET☆は保証してくれません。海外旅行保険加入をおすすめします。


私は少々高くともニュージーランド航空を利用しようと思いますが、チャレンジャーの方は、ぜひJET☆とパシフィックブルー航空でラロトンガへ来てください。

昨日、無事にラロトンガに帰国しました。
よって、プロモーショングッズ送付は、締め切りました。ご了承ください。

今回は、オークランド-大阪は、ニュージーランド航空の直行便ではなく、ゴールドコースト経由のジェットスター航空でした。老体に格安航空会社+経由便は、つらかったです。

ジェットスター航空の率直な感想を、次回に書いてみたいと思います。

↑このページのトップヘ