クック諸島滞在記

クック諸島ラロトンガ在住17年の管理人の滞在記。 https://www.facebook.com/Kana-Travel-Cook-Islands-Limited-279682182046959/

タグ:飲食店

イメージ 1

フィッシングチャーター会社が経営するランチ処 Bite Time Cafe のランチです。

メニューは、

サシミ
イカマタ
カルパッチョ

サシミは、おなじみマグロの刺身に、わさび醤油ではなく、タヒチ風ソースを添えたもの。
イカマタは、クック諸島郷土料理の定番。生魚のココナッツ&レモン和え。
カルパッチョは、マグロの刺身にオリーブオイルとガーリックをふりかけたシンプルなもの。タヒチ風ソースも別添えでした。

全てごはんとセットで$8-10。

ヘルシーランチ処として、定番になりそうです。


クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

イメージ 1

イメージ 2

久しぶりに、レストランで食事しました。
ラロトンガナンバーワン・シーフードレストラン・トレーダージャックスです。
http://www.traderjackscookislands.com/
歴史もあり、いろいろと話題も多い、ラロトンガを代表するレストラン・バーです。
http://kanadive.net/cyclon%20photo.html

家計を預かってる身なので、最近はなかなか贅沢できていないのが現状です。
というわけで、今回も自腹ではなく、ビジネスランチです。
ビジネス客の利用率も、ナンバーワンかもしれません。ウォーターフロントで、眺めも最高です。

おすすめは、
スシサシミセット。新鮮なマグロの刺身と鉄火巻き。
イカマタ。クック諸島郷土料理。マグロのココナッツミルク和え。一度はご賞味あれ。センセーショナルなおいしさです。
メインは、本日の魚料理、ラムシャンク(向かって右の人の料理。すごいボリューム。ギャートルズの肉みたい。)、各種ピザ等、どれもおいしいです。
今回私が頼んだ本日のスペシャル、エビとチョリソのガンボ、はハズレでした。完食しましたが。
ロブスターにしとけばよかった!(ちなみにロブスターはいつもメニューにあるわけではありません。)

ラロトンガのレストランは、概してどこもおいしくてハズレが少ないのですが、雰囲気も良いトレーダージャックスには、アヴァルアダウンタウンでの買い物の後にでも、ふらっとビールやカクテルに寄ってみてください。

イメージ 1

https://overseas.blogmura.com/emigration/img/emigration88_31.gif
[https://overseas.blogmura.com/emigration/ ]
まだしばらくニュージーランドにいるので、ブログバナーを変えました。ビーチリゾートのネタじゃないので。。。

今週中にラロトンガに戻る計画だったのですが、諸々の事情でしばらく戻れそうにありません。
おそらく帰国は今月末か来月初旬になる予定です。

この機会に未経験のニュージーランド・サウスアイランドに小旅行も考えましたが、一人旅は嫌なのと、やんごとなき事情でオークランドから長期離れられないのがネックです。
そんなわけで、オークランドでひっそりと生活しています。

オークランド生活での密かな楽しみは、外食。多国籍料理のレストランがあちこちにあります。
多国籍と言っても、ほとんど中華系とインドをはじめとするアジア料理なのですが。
移民がとても多いのです。東アジア、中東アジア、東南アジア、南太平洋諸国からの移民が。
なので、味も本格的です。
私はすでに、飲茶3回、日本料理レストラン2回、行きました。

ファーストフードのチェーン店の多さにも目を見張るものがあります。マクドナルド、バーガーキング、ケンタッキーフライドチキン、サブウェイetc。ジャンクフードが目白押し。
さらにチャイニーズテイカウエイ(お持ち帰りのことを、ニュージーランドでは TAKE AWAY と言う。)
もあちこちあり、お値段も手ごろなので、ニュージーランドで生活するなら自炊の必要が無いような。

そういうわけで、これからクック諸島ラロトンガ帰国まで、ぼちぼちとニュージーランド・オークランドのレストランの紹介でもしようかと思います。


クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/

クック諸島の現地情報【ココナッツブラ】
http://kanadive.net/

イメージ 1

トリップアドバイザーのクック諸島ラロトンガ、レストランの口コミ第1位、モーリングカフェに行って来ました。
モーニングMORNINGではなく、モーリングMOORING。

クック諸島で最も新鮮な魚料理が食べられるのは、おそらく、モーリングカフェでしょう。
夫婦で経営しているランチスタンドで、奥様が店長、ご主人がフィッシングチャーターの船長です。
釣れた魚を港で捌き、カフェで提供しているのだから、魚の鮮度はお墨付きです。
さらに、ブルーのグラデーションが美しいアヴァナパッセージ目の前という絶好のロケーションで、カフェからの眺めも、ラロトンガ一かもしれません。

定番メニューの魚(マグロ)のサンドウィッチは、味付けにより3種類。
おいしいターキッシュブレッドでサンドしてます。

釣れた魚によって、本日のスペシャルメニューもあり。今日のスペシャルはイカマタでした。
生唐辛子がピリッと効いたイカマタ、魚はマグロじゃなくてマヒマヒだったけど、おいしかったです。
ココナッツの殻を利用した器がキュート。

というわけで、本日は、定番ツナサンド、マヒマヒのフライ、イカマタ、を、オーダー。
どれも本当においしかったです。

それに何よりも、この景色が最高の調味料です。
え?景色の写真?お腹空きすぎて、撮るの忘れてました。


クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/



にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ(文字をクリック)


以前紹介した、パレスバーガー。
 
お腹がすいたので、ウワサの看板商品、「パレスバーガー」を注文しました。
 
イメージ 1
左、パレスバーガー$9.00。  右、チーズバーガー$5.50。 
 
想像以上のでかさに、びっくり。(七味は、サイズをわかってもらうために隣に置いてみました。)
 
バーガーキング・ワッパーを超えたな。。。。。
キング(王様)もクイーン(女王)もパレス(宮殿)にいるわけやから、
やっぱり、パレスバーガーの圧!?!?!
 
ミートパティやベーコン、卵もダブルですが、野菜もたっぷりで味もおいしいので、
食いしん坊は、ぜひ挑戦を!
 
クック諸島の現地情報
http://kanadive.net/

クック諸島専門旅行会社カナトラベルクックアイランズ
http://kanatravel.co.ck/
 
 
[[img(https://travel.blogmura.com/beachresorttravel/img/beachresorttravel88_31.gif)]]
[https://travel.blogmura.com/beachresorttravel/ にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ(文字をクリック)]

↑このページのトップヘ